真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

薄紙一枚、破ろうと思っていると破れない

自分の心を思い出す度、不思議でならないことがある。

「それは、他人に判別できない、仏様と、自分にしかわからないことだということはわかる」そう思っていたし、実際そう書いていた。

人からそう言われたから、ではなくて、自分の実感として、理解として、事実として、わかるという感覚だった。いまから思うと、どうしてそんなことがわかっていたのか・・と思う。

そうなると、「じゃあ、自分にはわかるというのは、どういうことなのか」となる。
「自分にはっきりわかるというのは、どうなったことなのか」
別の言い方をすれば、「どうわかればいいのか」。
とどのつまり、「どうなったらいいのか」である。
疑問はただこの一つだけということになる。

こういう心になるということは、有難いことなのだ。
だが、それだけに、この心がわかる人も有り難かった。
まさかのタイミングで、遭うべくして、この心をわかってくれる人に出逢った。
その恩師は言った。
「何もない」と。

何もない
そのとおりだった。
「自分では」どうにもならないものを、「自分で」どうにかできるはずもなかった。
どうにもならないのだから、どうなったらもくそもない。
何もない。自分の側には。

ただ、仰ぐだけなのだ。








スポンサーサイト

崩れないものとは

何があっても崩れないとか聞きますと、たいてい、がっちり、しっかりしたものがあって、微動だにしない堅固で強固なものがあると思ってしまいますね。

確かに、微動だにしない(?いや、激しく動き働いてくださってますが‥、まあ比喩表現として)おはたらきがあるとして、しかしながら、「こちら側では」「何もこしらえない」から、崩れようもないのです。

むしろ、こちら側で、しっかりしたものを、こしらえようと、掴もうとする心を─自力─、毎日、毎日、瞬間、瞬間、崩してもらっている、そういうおはたらきが、有り難いのです。

認められなくても

人の根源的な欲求の中に、承認欲求というものがあります。

私が思うに、一つは、認められてこそ自分の存在意義、つまりは生き甲斐やアイデンティティーを確かめられるというもの、単純に言えば、褒められたリ、ありがとうと言われると嬉しいというような気持ちです。

もう一つは、他人から認められてこそ安心できるというような気持ちです。
自分だけでは確信が持てないから、他人から認められて、それも大勢であればあるほど、安心できるというものです。
いわゆる、社会的証明、というものでしょう。

いずれも、自分の中の、不安の裏返しなのですね。

人生は、こういう不安との闘いなのだと思います。

その中に合って、人から認められなくても安心できる、人から認められる必要もない、安心、そんなものがあるんでしょうか。
あったんですね。

こんな世界が本当に。

何もない

どうなったのが、助かったのか。
南無阿弥陀仏の
ほか
に、何もない。

助かった証拠は。
南無阿弥陀仏の外に、何もない。

助かる証拠は。
南無阿弥陀仏の外に、何もない。

南無阿弥陀仏の外のものを、つかみたい、すがりたいの心を捨てて、南無阿弥陀仏の海に飛び込む覚悟、一度きり。
一度できたら、あとはいつでもできるから、ずっとしていくだけ。

あみださまに 背を向ける私 逃げている私

お寺の掲示板に、「阿弥陀さまに 背を向ける私」と貼ってありました。
本当にそうだなぁと有り難くて、お念仏。。。

K先生とKさんとの問答。
とても厳しかった問答…と言っても、詰問されたり、叱責されたり、追及されたりするんじゃありません。
お二人とも、すごく優しかったですよ。
厳しかったのは、内容が、、、です。

いろいろ話して、答えてもらったりして、それでもはっきりしないと悶絶するばかりの私の心の中…
どうにもならないものを、どうにかしようとするばかり。
わかるはずもないことを、わかりたくて。
もう、疲れちゃって、嫌になっちゃって。
「はい…はい…はい…」
…「今、なに考えてる?」
「…。ああ、もういいやって投げやりな気持ちで、上の空で聞いてました」。やけくそになって正直に答えました。
「ほら、それが逃げでしょう」
「……。
ああ、そういうことですか。確かに、逃げてますね。今まで、いつも「逃げてる」って言われても、そんなことないのにって意味がわかりませんでした。そうですね。もう嫌になると終わりにしたいんですね。だから、「はいわかりました」とか「はい考えておきます」とか言って先送りにして、終わりにしたいんですね…。」ほとほと、自分に呆れたものです。

今では忘れられないいい想い出です。

以前の私なら、その言葉を見て、
ああ背を向けているから助からないんだなぁなんて思ったかも知れません。

向かうんだ、遭うんだ、辛くても逃げずに頑張るんだ、
地獄に行きたくなかったら、頑張って聞いて、たくさん人を誘うんだ、
って、違いますよね。

背を向けているから助からないんじゃありません。
逃げているから助からないんじゃない。
背を向けていることに気付いたのが助かったのでもない。

この、背を向けている、背を向け続けている私を、、、

どこまでも深いお慈悲でございました。

泣けてしまって困ったりしませんか

何年か前のこと。
仏教の学校のスクーリングで、ある先生がいました。
夏の時期で、先生方は濃いグレーの透けるような素材の袈裟を着ていらっしゃいましたが、その中に若い先生がいて、おそらく、先生方の中では一番若くて新米なのでしょう、何かある度、雑用から司会など忙しく動き回っていました。

その先生の授業があり、表題は忘れてしまいましたが、クラスで何かテーマについて話し合うというようなものだったのですが、その先生はお話をされ始めて…たしかに自分の親世代の受講生を仕切って話し合いをするのも大変だしな…と思いながら聞いていました。それはそれで有り難いものですし。

何でも、それまでは全く縁もなかったのが知り合ったのがお寺さんの娘さんで、ご結婚を機にお寺に入り、現在のようになられたとのこと。
6年目と聞いて、いや~まだ6年目なのに学校も出られてあんなにいそいそとお仕事一生懸命にされて、ご立派だなーと感心いたしました。

それで、阿弥陀様のお話をとつとつとされていって…
でも、私の心の中にはどこかに、まだたった6年目なんだ、、、という気持ちがあったのでしょうね。
そんな気持ちで、聞いていて、阿弥陀様のお話…何も、お互い感情が高ぶったようなこともなく、煽るような話し方でも内容でもなく、とうとうと、淡々とされていた阿弥陀様のお話…

いつしかぽろぽろと涙が出てきてしまって、もちろんその先生に対してではなく、阿弥陀様のお慈悲に…自分でもびっくしました。そしてまだ6年目で…などと思ったことを恥じました。

「今」を突き詰める

ある人が私に、「私はまだ・ ・お浄土に行けるとは信じられないんだけどね」と言いました。

ああ信じられるようになれると思っているんだな・・と思いました。

今は「まだ」信じられないけど、「いつか」「きっと」信じられるようになれる時が、瞬間が、来るに違いないと思っているのでしょう。

信じる心のない私は、信じられるようにはなりません。

今信じられないものが、いつか信じられるようなものになるというのでしょうか。

信じられない今の私を突き詰めて、なんまんだぶと聞くのでしょう。


母の声


母の葬儀の翌日、お礼の参詣をした帰り、車の中で母の声がした。

といっても、奇跡体験のような話ではなくて、要するに単に母の声を思い出した、という話。

母が完全に言葉を失ってからというもの、なぜかどうしても、母の声を思い出すことができなかった。

母にとっても、私にとっても辛くて残酷なその現実を、心のどこかで私は受けいれられなかったのだろう。

だけど、母はこの世の煩わしさから解放されて、お浄土に還ったんだなという安心感が、母の声をよみがえらせたのだと思った。

やっぱりお念仏はありがたいです。

拝む掌の中に

母は10年前から病気でした。

憎むべきは病気であろうに、私はそのあまりに残酷な病気を家族として受けいれ難い気持ちもあって、さして抵抗しようともしない母を憎みました。周りを見渡せば、娘に子どもが生まれれば、あれこれと手伝ってくれたり、面倒をみてくれたりするものなのに、そういうこともほとんどなかったのです。母は元々、家族に対しても、よく言えば無干渉、悪く言えば無関心なところがあったので、もしかすると病気でなくてもそうだったのかも知れません。

やがて私のこともわからなくなり、私の母としての母は、死んだと思いました。だって、母が母たる所以は、母として娘として、共有してきたものがあるからこそです。それがなくなってしまったのですから。

それでも母は生きました。家の面倒なことや苦労は全部引き受けて、一人で頑張ってきた母が、最後は全部父にやってもらっているなんて、人生は帳尻が合うようにできているのかななんて思ったりもしました。

死んだと思った母ですが、病気になっても父に愛されて家族に見守られた母として生きました。そういう生き方もあるんだと、つい最近になって思い至りました。

そして今、またお浄土からかえってきて、いつでも常に護ってくれています。
どなたか仰っていた、『人は去っても 拝む掌(て)の中に かえってくる』
本当ですね。
ありがたいです。

なもあみだぶつ

信心決定ということ

信心決定という言葉の響きからして、何か“決定的”なことがあるように思ってしまうものですが。

“何もない”ということを知ったのが、信心決定と言えるかも知れません。

だから、人が信心決定しているかどうかなんていうことは、わからないのです。

どんな、おかしなことを言っている人でも──それが明らかに間違ったことであっても──それだからといって信心決定しているとか、していないとか、何人にも判別はできないのです。

だからある意味、判別できないとわかったのが、──わかったのが、と言うと、また何かわかったという事が信心決定だと思われてしまうので、わからされているのが、と言ったほうがいいでしょうか──信心決定だとも言えるのかも知れませんね。

自分が信心決定などできない者と知らされているのが、信心決定とも言えるでしょうね。ある意味。

結局、何もないのですから、どうとでも言えるし、どう言っても間違いなのですから、そこに騙されてしまうのでしょうね。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード