真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

All Titlelist [全記事一覧]

体験にすがりたい私

「真剣に聞かねばなりません」心がけとして

真剣になれないことに逃げる

自分の自覚があろうとなかろうといつ後生に

崩されてこそ本物

自分でこしらえたものは、必ず、崩れるもの

一生安心できないところに、安心がある

目に見えるものでしか、安心できないのが私

交わることはない

薄紙一枚じゃない。交わることのない、双曲

自分では死ねない

「薄紙一枚」という表現が気になって、探し

薄紙一枚、破ろうと思っていると破れない

自分の心を思い出す度、不思議でならないこ

崩れないものとは

何があっても崩れないとか聞きますと、たい

認められなくても

人の根源的な欲求の中に、承認欲求というも

何もない

どうなったのが、助かったのか。南無阿弥陀

あみださまに 背を向ける私 逃げている私

お寺の掲示板に、「阿弥陀さまに 背を向け

泣けてしまって困ったりしませんか

何年か前のこと。仏教の学校のスクーリング

「今」を突き詰める

ある人が私に、「私はまだ(・ ・)お浄土

母の声

母の葬儀の翌日、お礼の参詣をした帰り、車

拝む掌の中に

母は10年前から病気でした。憎むべきは病

信心決定ということ

信心決定という言葉の響きからして、何か“

死を受け容れるということ

母の病気に際して実感したこと。医学の進歩

勝手に助けてくれればいいのにと撥ねつける私

聞法精進しますとか、○○に努めますとか言葉

一縷の望みもない

「私は助からないかも知れない」というのは

楽しい読書

お友達からのご縁で、大峯顕師の著作を読ま

間違えてはいけないと間違えている

間違えていては救われない─と間違えていま

ないものねだりの理想郷

人間の欲望にはきりがなくて、満足も続かな

何もないとは難しい

ただのただもいらん…という言葉がありまし

立派な卒業証書

昨年、3年間学ばせていただいた中央仏教学

需要と供給

私は、阿弥陀さまのお救いに関しては、所属

分別して理解しようとした途端にわからなくなる

「仏と人」という本が本棚にあったので、読

名もなき人々の名もなき仕事

今年は子ども会の役員があたりました。これ

一回の聴聞が足りなくて救われなかったら…と思う心

大学生の頃、毎週毎週全国どこかしらに、聴

無条件の救い

「努力は報われる」とか「やったらやっただ

帰命無量寿如来からはじまるお話

正信偈が南無阿弥陀仏ではじまるように、阿

阿弥陀仏が抜けていると

浄土真宗は他力によるお救いなので、しかも

悔しいこころ

正信偈にはどういうことが書かれてあるの?

待つにあらず

ある方とお話ししていて思い出した、という

昨年も、このブログを通じて、あるいはその

思えるかどうかを問題にする心

とかく人は、「思える」かどうかということ

そんな甘いものじゃない

求道していればそのうちいつかというのも一

逃げても逃がさぬ

追いかけて捉えようとしていた自分が実は逃

始めから助かっているではないけれど

何気なく本を読んでいたら将棋の記事があっ

「でも」を「だから」に変えてみる

助けてくださると言われる。でも、不安不安

感謝

夏もあっという間に過ぎました。朝晩には涼

お聴聞にて④「過ちを犯す可能性を秘めている」 

聖人は言われた。「それはできないのではな

お聴聞にて③「信心から出てくるもの」

ご講義の中でも特に印象に残ったものの一つ

お聴聞②「浄土」

浄土…迷い苦しみのない世界。ただし、「私

お聴聞①悪人…「いずれの行もおよびがたき」

京都西本願寺の聞法会館にて二日間にわたり

OK

爽やかな季節になりました。最近は家の片付

人から認めてもらうのがてっとり早い安心

先日テレビでやっていた、芸能人が過去に私

新しい日々

久しぶりに姉に電話をした。時々メールのや

欲望と安心

人間には根源的な欲望があるんです。帰属…

お参りにて

先月のお参り、境内はたくさんの人で、誰で

本願寺お参りで思い出したこと

先月久しぶりにお参りさせていただきました

ある人との会話

「ちょっと教えて欲しいんだけど、御文章に

私には

年末に子どもと一緒にあるドラマの最終回を

本年もよろしくお願いします

久しぶりの更新になります。昨年は、後半か

そのこころ①

雑草さんコメントありがとうございます。>

今の私がそのままありのままの私

つづき。ありのままの私というのは、今の私

リア充?な私

前回書いたのはついこの前のような気がして

私を突き動かすもの・駆り立てるもの

大学の心理学科の友人と話していて感じたこ

信じる心があるのなら

S会というところにいたとき、ある時ある人

金魚すくいじゃなかったね

私の母は何年か前から病気です。日々発達す

気付けば朝晩は涼しい風を感じるようになり

嘘をつく事もしながら生きている私ですが、

絶対の“救い“と「にらみっこの安心」

絶対の幸福ではなくて、絶対の救い。少し前

わかってない人

S会では、実践が命ということで、やった人

不安と安心

大安心、大満足…体験や実感は人それぞれで

縁と言動

ご近所さんとの会話の中であるお母さんが、

万能語

「絶対の幸福になれます」…魅力的な言葉で

パズルが解けたような思い

S会が本願寺の違いとして宣伝してきたこと

大丈夫を持っている間が一番あぶない

古い本からですが、読んでいたら泣けてきま

意味のあること、ないこと

気がつけばもう夏休みです(!)S会をやめ

知識だのみの頼りなさ

何人かのお友達との会話の中で、「またして

善鸞の異義についてのお話

専門の先生方から二日間聞かせていただけて

仏に成る教え

二日間にわたってお聴聞のご縁に遇わせてい

本当の厳しさ

友人と話ていましたら、加茂和上の『安心座

努力の方向

先日は子どものことでとても疲れてしまう出

誕生日

主人の誕生日。当日は仕事で不在だったので

雨降り

なんまんだぶ なんまんだぶ‥与えられてい

児玉清さん

日曜日の昼下がり、毎週必ず忘れないように

宗教的普遍性

少しずつですが、ご法義の勉強もさせていた

この私の自力心からの離れがたさを知れば難

海の内外のへだてなく

今の家に越してきてから、二カ月に一度程で

四苦八苦

3月には大きな災害があって、多くの人が悲

主婦の毎日

主婦の毎日は同じことの繰り返しです。起き

なめたネジ

もうすぐ学校の家庭訪問があるということも

春の風

息子が学校で「校区めぐり」をするというこ

経験は人それぞれ

新年度に入ってもう半月も過ぎ、やっと春ら

不思議

深川倫雄和上のご法話がまとめられた『法悦

記事が消えた

このブログでお世話になっているFC2さんの

卒業後が大事

先日は息子の小学校の入学式でした。去年入

ログインができなくて更新できませんでした

思ってはならないことを思う私

メジャーリーガーのイチロー選手の名言と言

七高僧のお話

「七高僧のお話」を聴かせていただきました

そのままのお救い

そのまま…といっても「そのままじゃ!」と

雑感

日々明らかになってくる地震の被害の大きさ

ご無事でありますように

大きな地震でしたね。皆様ご無事でいらっし

間違えていたもの

私が間違って追い求めていたものは「頭では

危ない私

いいえやっぱり自分が一番危ないのです。今

聴聞に極まる

善知識が悪いと言われることは信のなきこと

はっきりしています

ある会でも、救われたらはっきりするがはっ

逃がさぬお慈悲

逃げる私を追いかけて、逃げても逃がさぬお

メールありがとうございます

私は、その時々で変わります。ぐにゃぐにゃ

私の好きな絵

なんまんだぶつに包まれております。(深川

鏡と頭の体操

小学校5年生くらいの時、学校の図書館で『

難信の法

釈迦牟尼仏、よく甚難希有の事をなして、よ

追悼法要・報恩講

地元自治会で「先祖供養・報恩講」が勤めら

声明の練習

地区では毎年報恩講が勤められていて、その

往生は弥陀のお仕事であるから、世界がひっくりかえっても

一六 如来は私に向いづめして下されるのに

弥陀果徳 聖衆無量

雑草さんからコメントをいただいて『大無量

生チョコレート

うちの主人…優しくていい人なのですが、信

兆『載』永劫

あるお同行様から、お知らせをいただきまし

「…と聞かせていただきました」「…と知らされました」

最近のテレビ番組を見ていると、「その続き

恐ろしいこと

昨日の続き…一五 私は助けてもらうよりも

仰せばかりで参らせていただける

一 聞きわけ、知りわけで、参れる浄土では

ただふかく願ふべきは後生なり

お友だちからお話をうかがうところによりま

捨てて

思ってはならないことを思うのが私です。こ

疑心あることなし

「自力の心が出なくなったから救われている

一区切り

ずっと悩んできたことに色々試行錯誤してき

もう読めない

歪んだ国語で矛盾を合点とさせられてきて落

阿弥陀さまに聞け

名僧と言われる方や妙好人と言われるような

このhiromiは

昨日挙げた善太郎さんの言葉が本当に善太郎

善太郎さんの言葉

聞けよ聞けよの、お勧めが 耳に聞こえりゃ

証拠は

思う・思わないこと、言う・言わないことが

私の側の話は無用になる仏様の側の話

浄土真宗で聞かせていただくのは、いつでも

信心をうれば暁になるがごとし

今日は久しぶりに朝からお日様が射して晴れ

念仏まうさるべし

片づけ物をしていましたら、大好きな本が目

白雪姫を見て

冬休みに子どもと一緒に見ようと思って、『

無疑と不疑

稲城選恵和上の本を読ませていただきました

拠り所は阿弥陀さま

阿弥陀さまからのお救いというものは、私と

いのち

お夕飯にいただこうと思って冷蔵庫からお刺

如来さまに遇う

「念仏を称えれば往生できる」「お念仏すれ

得意不得意も関係なく

息子がクイズ番組や教養番組が好きなので、

本当の宗教

本当の宗教というのは、人を依存させるよう

願力無窮にましませば

私の思いを抑えて、人の言うことに従ってい

今年も。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。今年は

年の瀬に

年の瀬も押し迫ってまいりました。年が終わ

一人でも何人でも

今年もよいご縁に恵まれて、たくさんのこと

「獲信のために」としか思えない心

善を勧めないということは、獲信のために悪

本願

今日は学校の終業式で、明日からもう冬休み

うれしや、尊しや…

豊島学由師の『蓮如の生涯』(国書刊行会)

救いに条件があることにすると

いわゆるマインドコントロール(MC)につい

真の知識

善いことをたくさんしたほうが、「早く」救

善悪を超えた救い

いろんな宗教と言われるものがありますが、

ひじり名聞

口伝鈔を少し読ませていただきました。十七

無量の阿弥陀さま

0(ゼロ)という数字が「ある」。ゼロです

なんまんだぶつ

忙しくても、書いても、書けなくても、人に

還るところ

私は主婦をしています。主人は曜日に関係の

師走

もう12月なのですね。頭の中だけ2、3カ

タンポポ

午前中娘と散歩に出かけました。今日は風も

御恩

どんなことでも、阿弥陀さまのお救いの御恩

発表会

昨日は娘の幼稚園の発表会でした。去年は会

念仏者の生き方

 仏陀の智慧と慈悲こそ真実であると知らさ

仏法を主とし、世間を客人とせよ

思ってはならないことを思ってしまうのが私

いつでも私の居るところに

今日も、はっとさせられました。なんまんだ

本師本仏の阿弥陀さま

少し前から、阿弥陀仏が本師本仏であるとい

人や場所が変わっても、間違えるのは人間。変わらないのは阿弥陀さま。

人も、すべて、この世のものは無常だと感じ

寂しいこころ

みんな寂しいのだと思います。私もそうです

読書

読書の秋という訳でもありませんが、この秋

阿弥陀さま

阿弥陀経についてお聴聞させていただきまし

仏さまのまこと

今日もいい天気です。お布団を干しました。

必要ない

私には「なんまんだぶつ」だけでよくて私に

勧めること

私が聞かせていただくということ。だから、

私の道

人それぞれの過去があって考えも違うのに、

崩れてしまっている

そこにしかない幸せなんてあるんでしょうか

広い世界

私は如来さまの弟子の一人でありたいと思っ

阿弥陀さまが今この私を

浄土真宗の大切なところについて聞かせてい

スタート

完成といったって、学問の世界がそう言われ

お聴聞にて

ご著書を拝読するのもいいけれど、やっぱり

すごい…ですか

よく言いますが、すごいのは南無阿弥陀仏で

真宗流救急車とは

豊島学由師の『親鸞聖人と私』(探求社)を

不請の友

阿弥陀さまは、「不請の友」であるとお聞き

気付いてしまった

かつて所属していた会についてなんですが、

蚊を打っても

子供たちと出かけている途中、車の中で大き

言葉

「法然聖人と唯信鈔」は「親鸞聖人と歎異抄

間に合わない

善の勧めはあるけれど、善が間に合って助か

大丈夫

今年は町内の役員に当たっているということ

自力の中の自力

「自力の中の自力とは、いつも御恩が喜べて

絵本「蓮如さま」

本を読むのが好きな息子。遊んでいるときに

信ずべきもの

この世のものはすべて無常のあて力にならな

これが信心ですか?の心

これは信心ですか?って言われたりしますが

正直な気持ち

所要で久しぶりに母校の大学を訪れました。

方向違い

阿弥陀さまに救われたというのは、「○○にな

教師魂

運動会の季節です。子どもの学校でも精一杯

間違いのないもの

ふと自分を顧みれば怠惰で間違いもする頼り

なんまんだぶつは燃えている

なんまんだぶつは燃えていた 和上の後ろで

生きる

カーラジオでよく聞こえてきた、テレフォン

人は関係ない

私の息子は本を読んだり音読したりするのは

私が作った道では往けない

動物園に行きました。今回は比較的朝早くか

自然

台風が近づいてきているということでこの地

気になるというのも

やっと下の子のとびひも治まって登園許可が

悲喜こもごも

朝晩は少し涼しい風も感じるようになってき

弱い私

ある時、ある人にあること(状況は覚えてい

新学期

夏休みが終わりました。(はぁ。やっと。)子

お念仏

阿弥陀さまをご安置させていただく大切なお

如来さまが知られた私

「善は間に合わない」と聞いていて、そのと

安堵

お盆の時期は多くの方が帰省されるというこ

月日

先日下の子の4歳の誕生日を迎えました。普

阿弥陀さま

阿弥陀さまと申しますが、文章ではあまり用

如来大悲の流れ

以前に真宗の学校の先生から何人か続けてお

頂くばかり

今日は帰りが予定より遅くなりそうだったの

騙されている間は騙されていないと思っている

「騙されていた私」というのは、「騙されて

夏休みの宿題

今日も登校日に向けての宿題の追い込みでし

感動

一時的なものであれ…と言っても私の心が起

不断光

? 光明てらしてたへざれば 不断光仏とな

阿弥陀さまと私だけの世界

三木照國師の『親鸞聖人 和讃百話』を読ま

宿題

夏休みは宿題がありますね。やるもやらない

プールの監視

夏休みの子どものプールの監視当番にあたり

お参り

先日京都でのお勉強の帰り、一人なら歩いて

よろこび切れない まだまだ足りない

ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真

働きながら

昨日久しぶりに病院に行きました。子どもが

感謝

この前ある方へのメールに、「あほ代表で頑

これだけ

ちょっと調子が悪かったりすると、弱気にな

つれづれ

四苦八苦…体のことは気をつけていても、病

申し訳ありません。ありがとうございます

しばらく更新が滞っております。体調がすぐ

聞法会館での御縁

一度ご縁をいただきたいと思っておりました

救い(2)

暑いので身体も動かず思考も働きませんね。

不安と安心

今日も本などを読ませていただいて思いを巡

お目当て

と言いましても、私の実態、生活の有り様は

慶びと御恩

私のよろこぶ心が間に合って助かる訳ではな

これでいいのでしょうかの心

私の側はどんな心であっても助けるのお力に

もう夏休み

今日は小学校の終業式で、早いものでもう夏

一日の終わり

毎日があっという間に過ぎていきます。今日

煩悩を超える生き方

再び『高校生からの仏教入門』からです。第

逃ぐるを追はへ取るなり

弥陀をたのんで助かるに間違いなしとは、こ

救い

浄土真宗についても仏教についても全然わか

聞こえてくださる

実感…というか事実そうなのですからそうと

善いことには励んでいきたいですね。当たり

自分で信じる宗教

「自分で信じる」という信仰、宗教では、私

私にとっての救い

おおよそどの宗教でも、「救い」があること

同窓会

中学校の同級生から久しぶりに連絡がありま

聞こえたそのまま

私の心はあてにならないので、私の心が変わ

できるできない

私に出離の縁はない者と見られて、阿弥陀さ

六月も終わり

早いですね。もう今日で6月も終わりなんで

驚き

驚きが立つと聞いていたことがあって、想像

ランチ

久しぶりに姉に会いました。ランチをしなが

如来選択の願心

「選択」って有難いなあと思います。既に阿

私を忘れないようにしたい

私にとって浄土真宗のお法とは「全人類が聞

わかりやすさ

仏さまのお話に、私基準のわかりやすさを求

包まれて

疲れたり、ため息の出るような気分のときは

救われていないと言う中の救い

宗教によってその救いは異なりますから、求

真剣に願い求めてくださったのは

私が普段欲望で思い描く「願いが思い通りに

勉強会にて

昨日今日と勉強会に参加させていただきまし

京都にて

思い切ってといいますか成り行きで京都に一

超世

小さな頃から善いことをすれば善いことが返

如来さまのお話

手当たり次第にという訳にもいきませんので

凄まじいお言葉

(『浄土を願って生きる』から の続き) 

浄土に向かった旅

回向ということを巡って六字釈を味わわせて

なんまんだぶ

パソコンに「なんまんだぶ、なんまんだぶ…

日記

学問は難しいに決まっているので、難しくて

煩悩の私

ご信心は消臭剤のように強い香りで臭いを感

師ありて弟子なき道

この本もよさそうだなあと思って勧められた

名も無い

私もそうですが、人知れずともお念仏を慶ば

聞かせていただくところ、慶ぶべきところ、御恩を知るということ。

18願のみこころ、阿弥陀さまの、必ず助け

邂逅

少し前ですが、懐かしい方々に久しぶりにお

公園にて

いいお天気で主人もお休みだったので広い公

聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなり

記憶力がないので忘れてしまっていることも

十劫久遠

弥陀成仏のこのかたは いまに十劫とときた

振り返るに

私は救われていません!…と言うのは、ある

無別道故

自分の人生です。人の後生ではないんです。

許されて

以前の私なら、すぐに人と比べて何かと卑屈

信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり

刹那の快楽を求めるだけのしょうもないのが

知らないこと

仏教に関しても、浄土真宗のご法義について

正信偈

最近改めてどういうことが書かれてあるのか

拍手のこと

いつも読んでくださりありがとうございます

趣味の読書

以前に取り寄せた本をまた読み返したりする

あれ、これ

これが、とか、あれが、というのは、ないん

今ということ

今私をお救いになることのできないような阿

一向

きのう書いたことについてですが、「向かう

今私へ

何かにつけて「向かう」と言っていました。

学ぶ慶び

真宗の学問は、真宗には学問が必要でないと

ただ与えられて…失うものはなかった

どなたか忘れてしまったけれど、ある人は言

抱っこ

5月だというのにきのうも風は強くて、夜も

無知でした

どうしてあんなにも私はあの会の中で何も言

想われて

音があると集中できないので普段はあまり音

思い上がり

だから、思い上がりだったなと思うのです。

我が身一つ

我が身一つ自分ではどうにもならなかった私

手をだすな

越前の年寄りがよく言ってましたね。 手を

観念の遊戯

観念の遊戯…ですか…。…。その言葉を使うな

宇宙

昨日は車で20分くらいのところにあるプラ

まかせ

以前に読んだ本に、いろんなお同行やご住職

願い

ゴールデンウィークで、行楽にお出かけの方

身をばまるめたる

(4) 一 念声是一といふことしらずと申し候

町内の総会

町内の区の総会に出席しました。いつもは委

私は凡夫

スーパーマンになるのではないです、とあり

今日はいい天気です

明日からゴールデンウィークなのですね。楽

雨の多い春です

今年の春は天候不順で雨ばかりです。今日も

責任

往生は、ひとり一人のしのぎです。如来さま

とはいいながら年度始めで

この四月は、二人の子どもの入学入園に加え

まだまだこれから

これからだ…なんて言うと、目的だ、完成だ

それぞれの、お仕事

きのう書いたことの追記ですが、阿弥陀さま

善知識とは

例えば、「誰々は誰々の善知識である。」言

素晴らしさ

南無阿弥陀仏のお力、素晴らしさ、お聖教に

皆さまお疲れさまです

今日は…あかん。疲れて何も出てきません。(

疑情のさわりにしくぞなき

疑い一つが妨げでした。この広大なお慈悲を

有難い方々

私には、有難いことに、尊敬している方が何

どう生きるか

どう生きるかを捨てて、なぜ生きるかを求め

マインドコントロールについて

宗教関係でよく言われる、いわゆるマインド

見えなくても船に乗っているから

海を難度海とすれば、ご本願は船と聞かせて

ただ今

いきなり本願海。ザブーンと飛び込んで、終

ないものをあると思う心

救われるまでの過程があると思う(自分で間

子どもも親もこれからです

昨日は小学校の入学式でした。幼稚園では一

阿弥陀さまの御心

性格は関係ないので、性格の違いは当たり前

春ですから

結構続いていますこのブログ。数人の方を除

泣きに泣いて

こんなお話もあるんだな…と心に残りました

記憶の片隅の言葉

「倒れた法友の屍を踏みこえてゆくんだ」そ

人として

4月、出会いの季節ですね。私が好きだった

愚か

忘れてしまいたいと思っても、やっぱりどこ

楽しみ悩み

ご本を読ませていただく楽しみもいただきま

はっきり

はっきりはしています。ただ私が想像するよ

願力無窮にまします如来様ですもの、何が不足でたのまれませんか。

嬉しく感じるから、お慈悲が有り難く感じら

何にもない

よろこべるときはそのまま嬉しいし、よろこ

聞こえてくださる

やっぱり談義といいますか、そういうのはい

思いつくままに書き綴っています。過去に書

毎日

ご法座のときだけ有り難かったり慶べたり、

命懸け

命懸けだったのは、阿弥陀さまのほうです。

思惟

頭は悪くて回転も遅いくせに、考えることが

言われた訳ではありませんが

判断できないといいながら、こういうものだ

届かないとは思いますが

ただ今、救われます「ただ今救われた?そん

お釈迦さまのお話から

お釈迦様のお話を聞かせていただきました。

どなたの御心

言葉でしかお示しくださることはできません

今までもこれからも

そのままのお救いですから、何ら私が変わる

お念仏

おまじないじゃないですよ。才市さんは、二

切手のないおくりもの

今日は子どもの幼稚園のお誕生会でした。そ

ご本願のお力だから

何も要らなかったというのは過去の体験のこ

いろいろ誤解もありますね

阿弥陀さまから、と云いますと、何か音や声

お念仏でございます

不思議ですね。有り難いですね。阿弥陀さま

すてるもの

捨てものってよく聞いたのですが、「捨てる

??だから、ではないです。

聞いて理解したから、でもなければ、人がそ

欲しいのは、間に合わせたいから

はっきりしたい、わかりたいの固まりだった

卒業の季節

上の子の幼稚園の修了証書授与式の案内が来

私を助ける、との仰せ。

阿弥陀さまと私のことですから、人と比べる

お聴聞にて

阿弥陀経のお話でした。十方微塵世界の 念

もう3月、庭の小さな桜の木のつぼみが膨ら

何もかも

でも、いただくばかりで申し訳ないと言って

言葉にすれば

言葉では一部しか表せないと思います。だか

人に直され候ふやうに

誤解されるといけないので付け加えますと、

人ではなくて阿弥陀さま

求めよ求めよと言われたところで心は起こせ

悲しみも切なさも

姉と会いました。平日にお休みのときは、一

家族

不況の折り、今はどんなお仕事も大変だと思

いつも一念

過去のことでもなければ未来の予定でもなく

才市さん追記

たくさんの詩を書き残された才市さんですが

『妙好人のことば』を拝読して

梯 實圓和上の『わかりやすい名言名句 妙好

他力100%

私の心に無いものはいくら探してもないです

賜りたるもの

バンクーバーオリンピックが開幕して、昨日

他力にまかせるということ

他力回向の阿弥陀さまのおはたらきですから

ただ聞くばかりの法

再び『西の旅』から… さて、浄土真宗のお

もみじの合掌

ご著書を拝読しておりましたら、「仏凡一体

日記のように

のほほんと思ったことを書かせていただいて

如来の子

「あなたは如来の子なのだから、自信をもち

自由な心

私の心は自由です。ずっと前に臨床心理士の

知識とか理解とか

わからないといっても、どなたもそうではな

(救いとは…自問自答。)

わからんのです。私。聞いたお話では、迷い

開山のめされ候ふやうに

一 前々住上人へある人申され候ふ。開山(

温もり

失敗もあるし、落ち込むことも、ありますね

どうでもいい話

ずいぶん前ですが、仕事のストレスを癒すた

私の都合

はっきりしたいも安心したいも私の都合。こ

西の旅

いろんな方のお話やご本などを通して聞かせ

選択不思議の本願・無上智慧の尊号をききて

これまで長く聞いてこられたという方もいら

言葉のこと

前は何気なく聞いていたけれど、なんとなく

罪の深きにも心をかけず、かかる十悪・五逆の罪人も

誰しも自分自身のことが知りたいという欲求

見えなくてもあるもの

私は説くほうの立場にないので、関係ないこ

南無

何にも要らないと、受け取らせていただきま

願力無窮

ああなってこうなってでもないし、あれでも

安心

何かをしなければ得られないという不安もあ

猟漁

一昨日は主人がお正月休みの代休をいただい

法を仰いで

筋の通った合点のできる教えで、無理なおし

悲しき愛の救われる道

勉強しなければ、なんて気負うこともなく、

一休み

20年くらい前でしょうか。家にあったカセ

先にあるもの

お聖教に書かれてあることや、人の言われる

信じられないのは

私は、ずっといつでも、救われたという人が

今の私

あるのは今現にある私の姿だけ。これだけや

そうでした

本当に何もわかっていない私なんです。実感

言葉も超えて

理解ではないし考えでもないし信じたのでも

それはいつですか

命がけで求めずして救われるものか、と言わ

ご正忌

宗祖聖人さまのご恩徳を偲ぶとき、そのすご

弘誓一乗海

宗教など大嫌いだった私が、阿弥陀仏の本願

ゐなかのひと

不思議と、お聖教をパラパラと読ませていた

私は私

何もかも同じになる訳じゃないです。それに

唯可信斯高僧説

正信偈の最後の句、「ゆいか?しんし?こうそ

御文章

かつてなかなかお聴聞のご縁にもあえないで

不回向

今日から連休だったのですね。子ども達のい

心を弘誓の仏地に樹て

与えてくださるのは阿弥陀仏で、向かうとこ

自由に

お世話になっております近藤先生の「21世

なんとなく

矢印を力としてイメージしてみました。× 

正信念仏の日暮らし

加茂和上のご著書を拝読しておりますと、本

どんな私でも

一切衆生を救うという阿弥陀仏のご本願です

十方衆生だから私一人

十方衆生ですから、漏れている人はいないん

年始の雑感

うちにはデスクトップとノートの2台のパソ

謹賀新年

新しい年が明けました。新たな希望を胸に今

いつでも、どこでも

今年も終わりですね。8月から始めたブログ

自力とは

「なんのようもなく」ですから、私のほうに

時の経つのも

年末も押し迫り、年賀状を書いたり片付け物

合掌

昨日お同行の方がふらりと遊びに来てくださ

年の暮れいかがお過ごしですか

年の暮れも押し迫ってきましたね。我が家は

真宗宗歌

思うままに書かせていただいております。最

見ても聞いても

12月に入ると世の中はクリスマス商戦で一

あきらめなかったのは

私はよく阿弥陀さまのほうがあきらめてくだ

皆で友に

考え方や感じ方は自由ですし、形も色もない

厳しさ

厳しさのある人が好きです。なかなか自分に

おかげさまで

おかげさまで、という言葉が好きです。子ど

正しい教え正しくない私

夕顔さんのお部屋にて思いました。正しく聞

喚び声

お喚びづめなのは、阿弥陀様のほうでした。

まことの聞法

理解できないから、とか、わからないから、

底の安心

私は毎日罪を造って生きているのでしょうね

従うということ

本願招喚の勅命に従う、とか言いますよね。

お念仏

調子のいいときは自惚れてはいけませんよ…

お慈悲

親や人の愛情や情けというのは、自分がその

反省

凡夫ゆえ、とかく感情に左右される私ではあ

楽しいひととき

先日、あるお同行の方と、お会いして雑談な

根拠

南無阿弥陀仏

お世話になりました

方法なんてないんですが、そんなに甘いもん

どうして

どうして助かりたいと思ったのかも分からな

だから

自惚れてはいけないと思うのです。お念仏を

私が偉いのではありません

当たり前のことですけど、私の努力の結果で

もう師走

早いもので、気が付いたら、もう12月なの

対機

話をするとか、何かを伝えるというのは、相

恩を知る

自然のことわりにあひかなはば、仏恩もしり

我が身のこと

本当に自分の問題となったら、人のことをど

不思議な力

私は何の変哲もない、人間です。子どもの頃

こどもの発表会

今日は子ども達の幼稚園の発表会でした。新

何もない

何も出てこない日も、あるんですね。特に、

おんなじ話が聞きたい

いつも同じ話だから…、と言われるのを聞い

逃げている私

真剣さとか、苦労とか、時間とか、そういう

ふしぎはすてき

朝が来る 空が青くなるお昼には お腹が空

遠くにしていたのは私

いつまでたってもお救いを遠くにしか感じら

同じだけど人それぞれ

現代はネットの時代、あちらこちらのいろん

今うれしい

どうしてこんなに嬉しいのか、わからないん

聞かない私

私の心は聞かないです。いつかああいう心に

逃げられないうれしさ

ふと目にしたお言葉「六字から逃げられない

間違いのないもの

今度は、変わらないものの話です。私のほう

間違えても

阿弥陀仏から賜るもののことではなくて、私

喜ぶこころ

どういう訳か、こんなつたない私のぶろぐを

わかりたい

たのみなさい、と言われると、たのんだらい

なんか、嬉しい

最近、いろいろありました。怒ったり、びっ

愚痴もあるよ

なんか、最近偉そうなことばかり、書いてた

人の心

いつも、心が大事です、と教えていただくの

身を捨てよ

一 おなじく仰せに、まことに一人なりとも

信後こそ大切

前にも同じようなことを書いているかもしれ

続く

何をしても三日坊主で、人一倍飽きっぽい。

なんじゃこりゃ

時々思うのですが、私の感じでいうとこの世

生活の中で

浄土真宗は、出家発心の姿をとらず、捨家棄

お念仏すらできない私

喜びがあったら、勝手にお念仏が出てくると

覚えられない

前に、覚えようと思って聞いたことはない、

南無阿弥陀仏が開いてくれる

また不思議な出会いがありました。子供のこ

お仏壇の前で

お仏壇…私はもともと実家は浄土真宗ではな

疑いの果てに

疑っていることも、分からなかったんです。

去る者は追わずとは言うけれど

「去る者は追わず、来る者は拒まず」って言

ばかさ加減

私が「私はばかです。」という時は、たいて

私の菩薩様

菩薩様って、正確な意味を知りませんが、と

これから作ればいいよ

…ずっと、一人でした。他の人ほど顔を出す

予想とは違っていたけれど

南無阿弥陀仏が私に疑いなく届いている状態

はじめからなかった

よき人との出会いにより、周りに人はおれど

言葉にしたら

言葉にしたら、どう言っても間違いだから…

不思議な苦しさ

苦しさは、人それぞれだと思います。苦しも

真似

阿弥陀仏を信じる身になりたいと思って、覚

何にもない

一体全体、信心とは何ぞや…?という、起こ

ばれちゃった

ひっそりと始めたブログ、誰に言うでもなく

度衆生心

私はお聖教の言葉を知りません。私は人に教

忘れられない言葉?

本当に思いつくままのブログです。知識だの

お同行

浄土真宗で言われる、お同行、親鸞聖人の「

従う相手

私を救ってくださるのは、阿弥陀仏です。そ

健康もありがたいけれど

普段は、自然の治癒力に任せてあまり病院に

ただいま

一週間の入院の付添を終えて、自宅に戻りま

しばしお待ちを…

見に来てくださりありがとうございます。家

お念仏

お念仏させていただく以上の善って私にある

私の仕事

阿弥陀仏のお仕事は、この私をお浄土へと生

聞なぜか不思議に聴かずにいられなくなって

腹が立っても

 煩悩そのままの救いですから、腹の立つこ

通じ合うもの

「この人から聞きたい」「この人に伝えたい

つかんでいないからなくならない

何かをつかんでいるんのではないんです。「

恐ろしかった

地獄に堕ちるのが、恐かったのではありませ

そのままはそのまま

そのまま、なんです。どうしたら?は「どう

弥陀の本願のみぞまこと

いかにすべては阿弥陀仏の計らいだとは言っ

ブログを始めたきっかけ

もともと文章を書くのは好きでした。小説の

真の知識にあうことは

真の知識にあうことはかたきがなかになおか

何から書いていいのやら

何か書いてみたら?先生から言われ、やって

はじめまして

よろしければメールください。sinyuika@gma