真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Category [未分類 ] 記事一覧

真剣になれないことに逃げる

自分の自覚があろうとなかろうといつ後生になるかわからないまさに今「私が」真剣になれるのを待つ時間はないのです真剣に聴きましょうと言って、今真剣になれない人はどうしますかどうなりますかたとえそう脅されたところで真剣になれますか、なれましたかそれでその目的とやらは達せられましたか「真剣になったら」後生は待ったなし。そんな時間もないんです...

崩されてこそ本物

自分でこしらえたものは、必ず、崩れるもの。だから、たよりにならない。思えば、「こうしていればこそ」と思っていた「道」が「その道ではなかった」と壊れたときから、本当の道が開けたような気がします。なむあみだぶつと聞かせていただくことは、毎度壊されることと言えるかも知れません。私の側で、私がこしらえようとするものが、何もたよりにならなかったよ、ならないよと壊されて、その間に合わないものを、その都度その都...

一生安心できないところに、安心がある

目に見えるものでしか、安心できないのが私だ。でも、安心できたところで、一時のもの。安心できたら、安心できると思っているから、安心できない。それが私。そんな安心できない私のところに、安心できないからこその、信心。私にはない、真(まこと)の心。しっかりしたというものを掴んだら、それは危ない。油断なく、聞かせていただかねば。...

交わることはない

薄紙一枚じゃない。交わることのない、双曲線だから。和上はおっしゃいました。あと一つ、ここがわかったら、ここが突き破れたら、と思っているけれど、そうじゃない。未来と現在は、一致することはない。「明日」は、明日になった時点で、「今日」だ。どうにかなった姿と、そのままの姿が、交わることは、ない。...

自分では死ねない

「薄紙一枚」という表現が気になって、探してみた。ある和上のお話が出てきた。「薄紙一枚のところがわかりません」という人に対するお話。検索してみてください。私の、苦手な(親しみを込めて)和上のお話。どうして苦手なのかというと、すごすぎて、辛い。濁流のように、押し寄せてくる、ありがたみの凄み。「ずーっと自己否定を重ねて、最後まで残るのが抜きがたい自力ではありませんか」「私が私の三心を否定するのではなくて...

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード