真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Archive [2009年09月 ] 記事一覧

お念仏

お念仏させていただく以上の善って私にあるんでしょうか…?たとえ他力の念仏でなくても(こういう言い方が正しいのかどうかも分からないですが)、念仏を称えさせていただく以上の善はないと思っていましたし、今でもそう思っています。ただ、お念仏がありがたいと喜んでいるばかりでもいられなくなって…念仏を称えさせていただくことで何とかなろうとする、その心を捨てねばと思いながら、それでもその為にどうしたらいいのかとお念...

私の仕事

阿弥陀仏のお仕事は、この私をお浄土へと生まれさせる身にしてくださることですね。布教師の先生のお仕事は、それを自ら信じた身の上になられた上で勉強して覚えて阿弥陀仏の御心を私にも分かるように伝えて阿弥陀仏に向かいなさいと教え勧めてくださることですね。そして聴かせていただく私の仕事は、そのお話を聞かせてもらってお勧めに従って阿弥陀仏から信心をいただくことだと思うのです。その為にこの世に生まれてきたのです...

聞なぜか不思議に聴かずにいられなくなって聴くことすらも、要らない、と聞いた分かることも、できない必要ない、と分かった知ることも、できない知るのでない、と知らされた...

腹が立っても

 煩悩そのままの救いですから、腹の立つこともいっぱいあります。許せないような感情が湧き上がってくることもあります。 でも、だからと言って、往生の障りにはならないのです。よくぞまあ、こんな私をお浄土へ…と有り難く申し訳なくうれしいばかりです。 と同時に、こんな私だからこそ、縁さえあれば何をするのか分からないとも思うのです。 だからこそ、教えは大事なんですよね。 私の中に南無阿弥陀仏はあるんです。でも...

通じ合うもの

「この人から聞きたい」「この人に伝えたい」聞きたい人と伝えたい人が通じ合って、出会うことがあるんですね。不思議なことがあるものだなあ…といつも思っているのですが、そんな時ふと本を読んでいましたらこのように書かれていまして、本当にそのとおりだなと思って、有り難く嬉しくなりました。 何事によらず、よき師を持つ人は幸せである。「正師を得ざれば、学ばざるにしかず」とさえいわれる。とりわけ、易行道の念仏門に...

つかんでいないからなくならない

何かをつかんでいるんのではないんです。「これだ」「あの時のあれだ」「ああだったから」「こうだから」ではないんです。自分の心でつくったものではないから。つかんでいるものを、ぜーんぶ離すんです。他の何かが手の中にあって握りしめているうちは、物は受け取れないでしょう?これがなかなかできないんですけど、今すぐできるんです。つかんでないから、なくなる不安もないんです。...

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード