真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Archive [2010年08月 ] 記事一覧

如来さまが知られた私

「善は間に合わない」と聞いていて、そのとおりなんだろうなと聞いていました。私に仏様になれるのような善は一つもできないんです。世間で言う良いことをした、の善とは違うんです。いい気持ちになった、人から感謝された、喜ばれたの良いことは実際しているのだし、このことに努めるのは当たり前ではないでしょうか。ところが、「仏になるために、善ができないと知らされるまで(知らされる為に)善をしなさい」だと思っている方が...

安堵

お盆の時期は多くの方が帰省されるということで、その時期に合わせて地元で同窓会がよく開催されますね。私も久しぶりに出席させていただいて、懐かしく楽しいひと時を過ごしました。覚えていることは人それぞれで、こちらが忘れていることでも相手は覚えていたり、その反対もあったり、それでも同じ学校で過ごしてお互いに影響を与え合ったのですね。当たり前のことですが人との出会いというものも大事だなと感じます。いつも何故...

月日

先日下の子の4歳の誕生日を迎えました。普段は忘れていますがそんな日にでもなると、去年の3歳の頃は何してたかな、2年前はおっぱいをやめたばかりの中であんなだったな、…4年前、病院であんなことやこんなことがあったな…と子どもの様子を思い出すと共に、その時の自分の置かれていた状況、悩みや思いが蘇ってきます。そうしたら、もう4年経ったのかという思いと、まだ4年しか経っていないのかという相反するようなちょっと...

阿弥陀さま

阿弥陀さまと申しますが、文章ではあまり用いられないとは思いますが、お経さま、三部経さま、等と言われる丁寧な言葉使いが好きです。阿弥陀さま…様というと人につける尊称ということで、仏像のような人格的なイメージとして親しみをもつということもあると思いますが、私にはもっと大きな、真実・法そのものとしての阿弥陀さま、私をお救いくださる大きなお力、おはたらきの阿弥陀さま…です。そうすると、常に私を包んでくださっ...

如来大悲の流れ

以前に真宗の学校の先生から何人か続けてお話を聞かせていただく機会がありました。そのときに感じたのですが、たいていお話の出典というのはもちろんのこと、そこまで必要がないようなお話でもどこで誰から聞いたことなのかを言われてからお話されるということを感じました。話の間合いということもあるのかも知れませんし、そのような自然な伝統があるのかなと思いました。自分で作ったお話ではないのなら、人から聞いたお話を参...

頂くばかり

今日は帰りが予定より遅くなりそうだったので、夕飯は簡単に作れるものにしようと思いスーパーで買い物をしながら、もし主人が休日出勤が終わって帰ってきていたらご飯だけ炊いておいてもらおうと電話をしました。帰ってきていたので尚更夕飯は早くしないとと思い、「これから帰るけど予定より遅くなるからご飯だけ炊いておいてもらえる?」と言った瞬間、(あ、ちゃんと炊けないかも)ということが頭をよぎりましたが、(説明すれば...

騙されている間は騙されていないと思っている

「騙されていた私」というのは、「騙されていたと気付いた時」に生まれるのだと思います。「他人から見たら明らかに騙されている私」であっても、「騙されている間の私」は、「騙されているとは思っていないから騙されている」訳です。騙された!と気付いた時が騙されていた期間の終わりですから、騙されている私というのは、もはや騙されていなくなってから見た過去の私にしか有り得ないはずです。気付けばそれ以上騙されようとは...

夏休みの宿題

今日も登校日に向けての宿題の追い込みでした…人に宿題をさせるのがこんなに難しいとは思いませんでした。小学生のものなので、自分がやればすぐにできてしまいそうなものですが、そういう訳にもいかず、ただ学校の先生の手前もあるし、みんなもやることぐらいの最低限のことはやっぱりやらせないといけないんだろうなと割り切って(?)親子で頑張っています。私は夏休みは遊んでばかりでほとんど勉強しませんでしたから、それでも...

感動

一時的なものであれ…と言っても私の心が起こすものは全て一時的なもので続かないものだと思いますが、感動というものは生きる力を与えてくれるものだと思います。一時期観劇に浸っていたことがありましたが、そこで私が求めて感じるものはやっぱり何がしかの感動だったと思います。演者や演出者の努力の結晶である演技や舞台の美しさ、何か人に訴えるものがあるからこそ、惹き付けられるものがあるのだと思います。しかし何か感じ...

不断光

? 光明てらしてたへざれば 不断光仏となづけたり    聞光力のゆへなれば 心不断にて往生す 私たちは如来のことをまったく忘れて、わが子や孫のこと、自分自身のことだけで、生活をしているのでありますが、如来のみ光はつねに照らして絶え間がないので不断光であると、釈迦如来は教えられました。 「聞光力」に、  聞といふは聞くといふ 聞くといふはこの法を聞きて信じてつねに断えぬこころなり(高田本)  弥陀の御...

阿弥陀さまと私だけの世界

三木照國師の『親鸞聖人 和讃百話』を読ませていただきました。何の予備知識もなく題名に惹かれて手にしましたが、浄土和讃を本文と左仮名、頭註だけで味わわれたというものでした。はしがきに記されている著者の方の願いのとおりに、祖師の和讃とその左仮名という遺産に少し直接触れさせていただきました。阿弥陀さまと私の世界なのだなと感じました。決して引きこもるような意味ではなくて、共に、そういう世界を味わせていただ...

宿題

夏休みは宿題がありますね。やるもやらないも子どもにまかせておけばいいと思っていたのですが、教育熱心な学校でそういう訳にもいかず、親への宿題のような気がしています…。お救いは宿題が終わった安心というより、むしろ私に大きなものを課せられたようなものではなかったのだな、という安心だと思います。何かすごい量や質をこなしたのと引き換えに与えられるものではありませんでした。とても私に背負いきれるような荷物では...

プールの監視

夏休みの子どものプールの監視当番にあたりました。みんな元気で楽しそうでした。一応監視なので、溺れそうな子がいないか危険な行為をする子がいないか注意して視ていないといけないのですが、ついそんなことも忘れて元気に泳ぎ回る子どもたちの姿に見とれてしまうようでした。夏になると水の事故も伝えられますが、他人事と思わず気をつ付けないといけないですね。もし子どもが溺れたら真っ先に助けようとするでしょう。阿弥陀さ...

お参り

先日京都でのお勉強の帰り、一人なら歩いて行きますが子ども二人で下の子も小さいので、駅までのタクシーに乗ろうと思いご本山の方へ歩いていきました。ご門のところに来たので、子どもに(疲れているから無理だろうなあ、子どもだし)と思いながらも「阿弥陀さまにお参りしていく?」と聞いてみますと、上の子が「行く!」との返事。立派な本堂に行ってみたいとも思ったようです。まあ気まぐれなのでその時の気分もあるのでしょう...

よろこび切れない まだまだ足りない

ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。(顕浄土真実教行証文類 序)慶びの心も阿弥陀さまから賜ったもの、私にはよろこばせていただくことが御恩報謝と思います。よろこぶ心があるから御恩と報謝させていただく気持ちになりますし、そのよろこぶ姿は人にも伝わると思います。だからまだまだ私はよろこびようが足りないと思います。一生をかけて、聞かせてい...

働きながら

昨日久しぶりに病院に行きました。子どもができてから結構お世話になることも多かったのですが、総合病院は考えてみたら久しぶりで、このところの家族の健康にも感謝しました。当たり前ですが、大勢の方が働いていらっしゃって、そういう場面に接するとふと私もかつてはあちら側で(病院ではありませんが社会の組織の中で)仕事をしていたんだなと思うときがあります。一日の大半を他人との職場で過ごすわけですし、人相手なら気を...

感謝

この前ある方へのメールに、「あほ代表で頑張ります」と書きました。代表ということは他にもいるということで、失礼だったなあと思いました。「あほ一人頑張ります」に訂正します…。今日もあほなことしてしまいました。毎日のことですが。仏さまと違って人を信じるというのは私にとっては難しいことです。「信じられぬと嘆くよりも 人を信じて傷つくほうがいい」…武田鉄矢さんの歌にありましたね。そんな生き方に憧れますが、身の...

これだけ

ちょっと調子が悪かったりすると、弱気になったり卑屈な気分になったり。なんとまあ、いい加減でたよりない私ですね。頭痛くても…なんまんだぶつ。これだけでよかったんだ。お念仏でよかった…。難しいことだったら無理だから。阿弥陀さまが選んでくださったまことですね。なんまんだぶつ...

つれづれ

四苦八苦…体のことは気をつけていても、病気になったり具合が悪くなったりすることはありますね。身体がつらいとどうしても今までできていたことができない訳ですから、精神的にも弱気になったり落ち込んだりしますが、当たり前だと思っていた元気でいることの有り難みも思い出しますし、本当に人間というのは苦しみ悩みの存在だと思います。関連して前から思っていたことなのですが、何でしょうか、救いとはものすごい大きな幸福...

申し訳ありません。ありがとうございます

しばらく更新が滞っております。体調がすぐれず、メールその他優先すべき事をこなして、やむなくこちらはお休みいただいておりました。こんな拙いブログでも気にしてご心配してくださる方もあり、驚くと共に有り難く思っております。私にとっても大切な場所です。よろしくお願いします。なんまんだぶつは変わることなく燃えていてくださいます…!なんまんだぶつ なんまんだぶつ...

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード