真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Archive [2011年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

万能語

「絶対の幸福になれます」…魅力的な言葉です。絶対の幸福とは、「大安心・大満足」ということだそうです。部分的には合っているのかも知れませんが。幸福になりたいというのは誰しもの願いで、安心と満足が得られたら幸福感があるというのもそのとおりで、じゃあどうなったのが安心と満足かとなれば、不安と不満がなくなった状態とも言えます。お腹が空いている人が満腹になったら満足、お金がないことに不安を抱えている人ならた...

パズルが解けたような思い

S会が本願寺の違いとして宣伝してきたことに、「親鸞聖人の教えに善の勧めはある」ということがありました。救われる一念の体験があるぞはっきりするぞ、ということと併せて、それには宿善を厚くするよう励めばいいのだ、ということが会の教えの中心であり特色だったと思います。それで、どうしてこのような教えになったのかということも考えながら、この教えにどうして少なくない人が惹かれたのかということをずっと考えてきまし...

大丈夫を持っている間が一番あぶない

古い本からですが、読んでいたら泣けてきました。(いつものことですが)七、弥陀の声 1 蓮如上人は御文章の中で「その名号を聞くというはただおほように聞くにあらず、善知識にあいて、南無阿弥陀仏の六つの字のいわれをよく聞きひらきぬれば、報土に往生すべき他力信心の道理なりと心得られたり」と仰せられてあります。このおさとしからすれば、おおように聞くのではない、よく聞くということが真宗のすがたであることがし...

意味のあること、ないこと

気がつけばもう夏休みです(!)S会をやめてからというもの、一層に本当に過ぎる月日が早くなりました。どちらかと言うと、幸せな時間は過ぎるのが早く感じるというのに近いのではないかと思います。このところ子どもが体調を崩してしまい、なかなか完治もせず、ほっとできる平日の昼間もない状況だったのですが、そのまま夏休みに入ってしまい、悲しいような嬉しいような。朝は少しゆっくりできる日が増える分、自分の時間は格段...

知識だのみの頼りなさ

何人かのお友達との会話の中で、「またしても自分が知識だのみになっていたということに気付いた」という話が出てくることがあって、そうなんだよねわかるなあと思うことがあります。いけないことなんだと言ってはいても、実際にそれがどんなものでどうしていけないのかわからない上に、どこかで奨められているような雰囲気があったとしたら、陥っていても気付いてやめられないないのだと思います。私は、S会にいたときには、周り...

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。