真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

恩を知る

自然のことわりにあひかなはば、仏恩もしり、また師の恩もしるべきなりと云々。(歎異抄)



自ら人の恩を感じてうやうやしく報いようとするような、そんな殊勝な心をもった私ではありません。

人に手を差しのべようとするのも、自分に余裕があるときだけ。自分が苦しくなれば、自分の事で精一杯の、愚痴の塊が私です。

それでもそんな私でも、み法を仰ぐこの日々で、師の恩とその有り難さを忘れたことはありません。

それはいつも変わることなく、阿弥陀様のお慈悲を聞かせていただき、ご恩を知らされているからに他ならないと思います。

仏恩を知り、それを常に知らされているから、師の恩も常に知らされるのだと感じます。

御恩も、仏様から知らされて、感じることのできる身にしていただいたことは、不思議で有り難いことです。

決して、人から押し付けられなければならないようなものではないんです。




*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード