真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の暮れいかがお過ごしですか

年の暮れも押し迫ってきましたね。

我が家は子どもたちは冬休みですが、主人が年末も年始も相変わらずのローテーションで仕事があるので、あまり変わり映えがしなくて、家族全員でのんびりお正月休みを味わうというのもあまりないというのが毎年のことです。

しかし、それはうちだけのことに限らず、自分が買い物にいけば、そこで店員さんが働いていてくださるから必要な物が買えたり、病気になっても病院に行けば、お医者様や看護婦さんが勤めていてくださるからなのですね。

当たり前のことですが、つい感謝を忘れてしまいます。

阿弥陀さまの名号と光明は常におはたらきなのでした。



*Comment

 毎日ありがとうございました 

私の勤務先は7連休ですが、私の家族にも年末年始も働いている者がおります。
恵まれた環境に感謝しなくては・・・。

今日まで無事に過ごせたことは、ありがたいことです。
hiromiさんのブログからも、パワーをたくさんいただきました。
ありがとうございます。感謝いたします。

ふと疑問なのですが、信前の者も、阿弥陀さまの名号と光明の常のおはたらきを「なんとありがたやぁ。もったいないことよ」と安心して喜んでいいものなのでしょうか。
単純に、にっこりと喜んでいいなら、気楽なのですが(笑)


  • posted by 皆友 
  • URL 
  • 2009.12/27 15:30分 
  • [Edit]

こちらこそありがとうございます 

皆友さんはじめ皆様方のコメントにはいつも感じさせられるところが多く、有り難く嬉しく大変励まされております。

>阿弥陀さまの名号と光明の常のおはたらきを「なんとありがたやぁ。もったいないことよ」と安心して喜んでいいものなのでしょうか。

いいも何も、弥陀の御助けあることのありがたさとうとさよと、安心して喜ぶ身になってくださいと善知識方は勧めておられるのではないでしょうか。それは先のことでなく、今のことですよね。

しかし喜んだのが安心ではないですよね。喜びは表れるものと思いますけれども。

ではどうしたら?ああなったのが?どうなったら?というのが計らいで捨て物なんですね。

「…そもそも、当流勧化のおもむきをくはしくしりて極楽に往生せんとおもはんひとは、まづ他力の信心といふことを存知すべきなり。それ他力の信心といふはなにの要ぞといへば、かかるあさましきわれらごときの凡夫の身が、たやすく浄土へまゐるべき用意なり。その他力の信心のすがたといふはいかなることぞといへば、なにのやうもなく、ただひとすぢに阿弥陀如来を一心一向にたのみたてまつりて、たすけたまへとおもふこころの一念おこるとき、かならず弥陀如来の摂取の光明を放ちてその身の娑婆にあらんほどは、この光明のなかにをさめおきましますなり。これすなはちわれらが往生の定まりたるすがたなり。

されば南無阿弥陀仏と申す体は、われらが他力の信心をえたるすがたなり。この信心といふは、この南無阿弥陀仏のいはれをあらはせるすがたなりとこころうべきなり。さればわれらがいまの他力の信心ひとつをとるによりて、極楽にやすく往生すべきことの、さらになにの疑もなし。あら、殊勝の弥陀如来の他力の本願や。このありがたさの弥陀の御恩をばいかがして報じたてまつるべきぞなれば、ただねてもおきても、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏ととなへて、かの弥陀如来の仏恩を報ずべきなり。されば南無阿弥陀仏ととなふるこころはいかんぞなれば、阿弥陀如来の御たすけありつることのありがたさたふとさよとおもひて、それをよろこびまうすこころなりとおもふべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。 」(御文章2-14)
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2009.12/27 17:49分 
  • [Edit]

 

真偽検証改め淳心房です。

ご主人お仕事お疲れ様です(*´∀`*)
私も31まで仕事で三が日休みの後、4日からまた仕事です。

南無阿弥陀仏の他に何の不足もないとは言いながら、休みがほしいと怠けたい一杯の私。
かかる横着者は阿弥陀仏があきらめないでいて下されたなればこそ救われることができました。

コメント欄の蓮如上人の御文章を拝読していて、「なんのようもなく」の意味がさっぱりわかりませんでしたが、本当に「なんのようもなく」のお言葉通りでした。

あら、殊勝の弥陀如来の本願や。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
  • posted by 淳心房 
  • URL 
  • 2009.12/27 21:42分 
  • [Edit]

心のうち 

そうでしたね、ただ今でした。御文の通り。

「ようもなく」、救われるまでは、凡夫の頭でどう考えてもわかるものではない・・・。
南無阿弥陀仏は、どんなものでも必ず救うに100%間違いない・・・。
先手の本願、あきらめられない阿弥陀さま・・・。
私の考え、なすこと一切がすてもの。
言葉は、うんうん頷けますが、どうすりゃいいのか・・・、早く救われたいものです。
救われたいという心も、私にはないとのことですが・・・。

ただ今、救われたいものです。
救われないまま正月休みも終わったら、またため息ですね・・・

淳心房さんも新たに励ましてくださり、真宗いま盛んなりという感じで、ますます心強いです。知識探しの必要が全くないのは、ありがたいのですが。

私は、どうすればいいのか表現すらできないような感じです。
思うこと、言うこと、なすこと全部自力ですから。
  • posted by 皆友 
  • URL 
  • 2009.12/27 22:33分 
  • [Edit]

淳心房さん 

素敵なお名前ですね(^0^)
ありがとうございます。淳心房さんも年末までお疲れ様でございます。

なんのようもなく…計らいを捨てて、そのまま、ただ…
だから横超なんですよね。

他力ということを知りなさい、他力の信心とは凡夫がやすく浄土へ参らせていただく用意、たのむ一念に往生が定まるのが信心、その信心の体は南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏に不足はないから疑はなし、あら殊勝の本願や、寝ても起きても南無阿弥陀仏…このとおりだなあ、と思って。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2009.12/28 07:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

救われたらああなるんだろう、こうなのがああなったらいいんだろう、あんなことやこんなことがあるんじゃないか…自分の頭の中で想像して作った信心は、阿弥陀様から賜ったものではないから、いくら追い求めても南無阿弥陀仏にはならなかったんです。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2009.12/28 08:18分 
  • [Edit]

 

>hiromiさん

ありがとうございます(^^)v

自分の名前に「淳」の字があるので、救われたら「淳心房」がいいなと、ずっと前から密かに決めていました(笑)
救われる前は「信心あつからず」で、名は体を表さないなぁと苦しんでいましたが、ようやく名体不二というか、淳心一心相続心の身にお育て頂きました(*^_^*)



>皆友さん

初めまして(^^) いや、富山でお会いしているかも知れませんね。

私も、信心獲得している方が少なからずおられる事を知り、「真宗今盛なり」と確信しています。

顔も名前もわからなくても、ただ南無阿弥陀仏やなぁという如来より賜った信心は同じで、それを讃嘆し合うだけで嬉しさが無限に広がっていく。素晴らしい世界です。

しかし、皆友さん一人が救われたならそれだけで「真宗今盛」なのです。
「この私」一人の本願であることを忘れず、一日も返時も急いで信心決定して頂きたい。
まことに南無阿弥陀仏まかせではあるけれど、縁に振れ折に振れ、皆友さんの仏縁を念じております。
  • posted by 淳心房 
  • URL 
  • 2009.12/28 09:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。