真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく

矢印を力としてイメージしてみました。

× 阿弥陀仏←←←←←私
私から阿弥陀仏に差し向けることのできるものはありません。できないので必要のないようにしてくださいました。

阿弥陀仏→→→→→私
阿弥陀仏によって回向されるのだと聞かせていただきました。

阿弥陀仏→→→→→
              ↑がありますと、邪魔をしているので届きません。

縦の線があるとすれば、すでに手をかけていたのが私だったのです。引かねば開かないその扉を、押していた。開かないから届かなくて、その手を離させられたとき、阿弥陀様に押し切られたとき、開いて届く。力いっぱい押していたら力尽きて離れるから押しなさい、ではありません。今その手を離しなさい、との仰せでした。




*Comment

NoTitle 

「雑行雑修自力の心をふりすてて、一心に弥陀に帰命」

薄紙一枚(矢印一本?)とは、まさにこのことですね。

「ふりすてて」ですから、文字通りふりすてないといけないのに、
「自力いっぱいやれ」では、全く逆ですね。
蓮如上人のお言葉を逆に解釈せず、そのまま頂かないといけませんね。
  • posted by YGM 
  • URL 
  • 2010.01/06 08:23分 
  • [Edit]

 

自力いっぱいやっていては、余計自力の心を固めるばかりで阿弥陀仏のお慈悲をはねつけていることになりますね。

救われる前はまるで間違っていました。

南無阿弥陀仏
  • posted by 淳心房 
  • URL 
  • 2010.01/06 21:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

ひろみさんお返事有難うございました。疑うことしかできないので、その疑いを捨てて南無阿弥陀仏に飛び込んでみます。
  • posted by 花 
  • URL 
  • 2010.01/07 09:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

なんとなく申し上げたいことは伝わっているようでよかったです。問題は心なんですよね。何かをやることが悪いと言っているのではないのです。やったら遠ざかるのでもないのです。現に今自分の心が、遠ざけていたのだということを言いたかったのです。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.01/08 08:21分 
  • [Edit]

銀行の扉 vs 役所の扉 

初めまして 
三河門徒の他化天の大魔王・破旬と申します。
最近は電動の引き戸が普通ですが、以前のドアは
銀行のものは外から押して入る形式で
役所のものは外から引いて入る形式だったと聞いたことがあります。
銀行は入りやすくしていたのでしょうか?
依らしむべし、知らしむべからず体質の役所はやはり・・
阿弥陀さまの入り口は入りやすいですが、入ってからが
大変なところですね、もっとも大変にしているのは紛れも無く自分自身ですが・・ではまた
  • posted by 釈破旬 
  • URL 
  • 2010.04/15 08:59分 
  • [Edit]

釈破旬さま 

はじめまして。
どうもありがとうございます。

全くですね。自分自身というものは捨て難いものなのだとつくづく感じます。だからこそ阿弥陀さまは身を投げ打ってくださったのでしょうけれども。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.04/15 22:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。