真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

心を弘誓の仏地に樹て

与えてくださるのは阿弥陀仏で、向かうところは阿弥陀仏です。

指南、といいますか、方向を指し示してくださるのが先生です。ですから大切な存在です。知識なくば私は遇えませんでした。でも、阿弥陀仏と知識は役目が違います。救いは人から与えられるのでも、人の言葉で獲られるものでも、ないんです。

「ここにおらずして、どこどこで、誰々から聞かずして獲られるものか」、と言われる方もありました。お気持ちは分かります。私もそうなのかな、と思っていたときがありました。

だから、悪く言われることは分かっていました。分かってもらえないことも、分かっています。

吸う息吐く息の無常に間に合うかどうかの、ただ今の救いということが問題になったらば、会をやめるやめないなんて問題じゃないんです。今助かるか助からないかが大問題、雑行を捨てるとはどういうことか、たのむとはどういうことか、が問題で、そんなことを言ってこられるのには構っていられなかったんです。あれこれ良かれと思って説得されたりしても、私の思いは通じないのは分かっていたので、後味の悪い思いはしたくなかったので、身を引きました。悲しかったですけれども…我が身の一大事には代えられなかった。でも、私のことは、そんなに気にはされてないと思います。末端の、目立たない存在で、役にたっていた訳でもなく、ただの数の一だったと思います。

「何々会に入って、誰々先生から聞かせていただくことが、何より大事」なので、そこに人を誘うことが最高の善と信じて、生涯をかけてそのことに命をかけておられるのですから、それを否定したらその人たちの人生は崩れてしまうのです。

私は、崩れないものを信じる身になりたかった。それは今なんだ、と知らされてしまった心は、どうしようもなかったのです。だからもう、話が合わないんです。聞いても無駄って、分かってしまうんです。

今も、私のこの心を言ったところで、信じてはもらえないことは分かっています。こうこうこうなって、こうしていったら獲られるものなのだと過程ををつくり、予定を立て、こうこうこういう心が起きて、ああいう体験をしてあんな風、こんな風になるんだ、それに間違いない、と自力の信心で固めておられるんだと思います。信念は大事ですが、信心は自分の信じるものや信念が間違いのないもの、としっかりなったのではないです。いつかはお分かりになると思います。

この心は人に認めてもらわないといけないものでもないですし、認めてもらおうとも思っていません。けれど、何を聞いたところで見たところで、悲しいなあとか違うなあと思うことはあっても、崩れることはないんですよ。信じているのや、思い込みじゃないんです。

分かってくれる人、分かり合える人たちもいる。当たり前です。阿弥陀仏のお力は十方無尽におはたらきです。

本当に、どうしてこの私が…そう思うと…私は何にもできないですけれど、私自身困り果てているときに助けていただいたので、困っている方があればお力になりたいですし、自分のできることを精一杯していきたいと思っています。

いつか、お浄土でまたお会いした時には、微笑んで分かり合えるのかな…でもその前に、共に阿弥陀様の一人子と喜ばせていただけるようになったら、この世で分かり合えますよね。仏様の前では、勝者も敗者もないし、お救いに遇うということは、人生の勝利者になるということでは、ないと思います。

慶ばしいかな、心を弘誓の仏地に樹て、念を難思の法海に流す。深く如来の矜哀を知りて、まことに師教の恩厚を仰ぐ。慶喜いよいよ至り、至孝いよいよ重し。(教行信証)




*Comment

 

善知識T先生を否定されたらもう終わってしまう人と違い、南無阿弥陀仏を頂いた人の信心は如何なる非難にも動乱しません。

私も昔はT先生から聞かなければ信心獲得できないと思っていましたが、実際に救いに気がついたのは聴聞中ではなく家で子供をあやしている時でしたし…

まぁこれで阿弥陀仏が無辺光仏だと知らされましたけどね(^^)v

ここを読んでいる皆さんも早く心を弘誓の仏地に樹てて頂きたいと思います☆
  • posted by 淳心房 
  • URL 
  • 2010.01/08 13:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード