真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

賜りたるもの

バンクーバーオリンピックが開幕して、昨日も日本勢が二つのメダルを獲得して盛り上がっていますね。

4年に一度のスポーツの世界の最高峰の大会、そこでの金メダルは競技選手にとっての最高の栄誉ですから、スポーツを志す人なら誰しもその頂点を目指すのでしょう。

その努力は並々ならぬものがありますね。今回の銀、銅メダルを獲得された選手の方も、金メダル一つを目指しておられたそうです。私などはメダルというだけですごい、銅メダルだって取れてよかったね、なんて思ってしまうのですが、それを聞いて、選手の意識としては「どんなメダルでもなんとか3位に入れれば」という甘い気持ちではだめなんだ、金を目指してそれでも銅メダルだったという結果だったりするんだな…と、改めてスポーツの世界の厳しさを知ったような気がしました。

だからこそ、そこに至る努力の過程と獲得の歓喜に、人は酔いしれるのですね。私も、そこまではできなくても、日々努力していこうという感動をいただきました。

オリンピックの金メダルも素晴らしいと思いますが、阿弥陀さまのお救いは、それを頂くようなものとはやっぱり違うと思います。自分の苦労の結果のご褒美でもなければ、人との競争に勝ったのでもないのです。金メダルはその時は大きな喜びでも、時が経てば過去を振り返って喜ぶことになるというところも違います。

すべては阿弥陀さまのご苦労でした。
「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」…
苦労した、努力したように思ったことも、今振り返ればすべて阿弥陀さまにさせられていたのですから、私がしたのではなかったのです。何一つ、私の力ではなかったのですから、ただ、かたじけないと涙ながらにお念仏申すばかりなのです。

南無阿弥陀仏…


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード