真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

??だから、ではないです。

聞いて理解したから、でもなければ、

人がそう言われたのに間違いがないと思えるようになった、のでもないですし、

??と思えるから、でもないです。

先に私がどうにかなったから、ではないからです。

人のご信心と同じになったのが、ではないですから、和上さまの書かれたものが分かるようになったから、でもなければ、妙好人と言われる人や救われたと言っておられる方の言われることと同じと思えるから、でもないです。

〇〇だからいい、と言うのでは、??だからだめの裏返しではないでしょうか。

どちらにしてもそれは「私が」の話です。私がだめもいいも、関係ないですよね。


私を助ける、の阿弥陀さまからの間違いのない仰せを先に聞かせてくだされたならば、

後は人と同じであれば嬉しいだけです。

違っていても、阿弥陀さまの仰せに間違いのないことは変わりませんから、疑いようがないから安心です。(安心だから疑わないのではありません。)阿弥陀さまと私のことです。人のことは分からなくても構いません。

南無阿弥陀仏の他に何もいらなかったのです。何もないのです。



浅井鮮妙師のお言葉から…

〇 助ける他に助かるはない

 仏の、助くるのまことを聞いて、いよいよ助かると聴聞したのが信心。仏から云えば、助くる。衆生から云えば、助かる。助ける他に助かるはない。助かるままが助けるである。
ここに深い河があって、一つ梯子がある。上より云えば下るの梯子、下より云えば上るの梯子。上るのと下るのと二つの梯子があるのではない。
助けると、助かるとは、紙一枚のへだてもなく、髪一筋をいれる間もない。これを、機法一体、能所不二、一念発起の領解と申すのである。


〇 肥えたのと、はれたのとは違う

 あの人は大変太ったと言うが、肥えた方ならば善いけれど、はれた方ならば病がいよいよ増したのである。往生にいよいよ安心して仏の大悲心の入り満ちたのは、肥えたのであるが、之(これ)でよい之でよいとかたづけておくのは、はれた方で機の計らいである。今度の往生は我が計いは寸分もなく、皆ことごとく如来様の御計いである。「自といふは、おのづからといふ、行者のはからひにあらず。然といふはしからしむといふことば、行者のはからひにあらず」と『自然法爾章』に仰せられる。ここをよく聴聞しなければならない。如来様のどうあっても助けねばおかぬという法の不思議が知られて、如来様のお誠に任せたのが、即ち肥えたのである。

?????

またまた僣越でした。

なんまんだぶつ、なんまんだぶつ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。