真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願力無窮にまします如来様ですもの、何が不足でたのまれませんか。

嬉しく感じるから、お慈悲が有り難く感じられるから、助かるに間違いないのではありません。信心いただいたらいかにも嬉しい有り難い心になってこれで助かるに間違いないの心になるのだろう、私の心にはっきりしたものができたら安心できる、はっきりしたい、ばかりでした。それは自分で先にはっきりの心つかみたいの心であって、それが間違いだったのですね。

加茂和上様の『安心座談』より

決して彌陀がたのまれない筈はありません。そのたのまれないと申されるのは、彌陀如来はどれほどのお力がましますとお聞きですか。力の足らない如来様であれば、たのまれないということも分かりますが、願力無窮にまします如来様ですもの、何が不足でたのまれませんか。そのたのまれないと申されることには、心得違いがあるのではないでしょうか。

そのわけは、いかにも如来様のお慈悲が頂かれれば、仏にもなれそうな有難い心をながめて、これでこそ往生できると、如来様へ差し向けて、いよいよ往生間違いないと、なってみたいという心であれば、他力の信心とは申されません。

まことの信心というのは、「如来清浄本願の智心なり」と仰せられて、凡夫自力のくわだてではなく、ただ彌陀の願力をもって摂取したもういわれをふかく信じて、この浅間しい私を、お助けくださるのは、阿弥陀如来であると信受するばかりで、二の足をふむことなく、往生一定と安心ができます。その上はただ大悲の深い御恩をよろこぶばかりであります。(加茂仰順著『安心座談』百華苑 昭和48年)


南無阿弥陀仏に何の不足がありましょうか。

私を助けるに間違いがないことが、嬉しくて有り難いのです。

往生一定としてくださっているのですから、こんな安心はないではありませんか。"心は浄土に遊ぶなり"ですね。

なんまんだぶつ

*Comment

領解文 

有り難いので、コメント添えさせて頂きます。

加茂和上様のお言葉の後段、
領解文そのものを頂いているような思いがします。
言葉にすればこのまんまですものね。

南無阿弥陀仏

  • posted by 名無 
  • URL 
  • 2010.03/29 18:44分 
  • [Edit]

いまはあろうが あるまいが 

むかしは ありがたいこと たよりにおもい
なんともないこと ちからをおとし
いまは あろうがあるまいが
ごおんうれしや なむあみだぶつ
(才市)

こんばんは.ご無沙汰してます(毎日読ませてはもらってます ^_^).
この歌,たぶん,ご存知でしょうが,記事を見て,何か,うれしくなったので,書き付けさせていただきました.
あとは,ただ,なんまんだぶ・・・.
  • posted by junk 
  • URL 
  • 2010.03/29 20:12分 
  • [Edit]

ありがとうございます 

名無さま

そうですね。領解文の他にありませんものね。そのまま言葉にしてくだされているので、本当に有り難いですね。南無阿弥陀仏

junkさま

こんばんは。
ああ…恥ずかしながら…知りませんでした。最後の「ご恩うれしやなむあみだぶつ」はよくお聞きしますので、私もよく思い起こします。

そうなんですよね…私も、嬉しくなりました。いつもありがとうこざいます。なんまんだぶつ

  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.03/29 21:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。