真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣きに泣いて

こんなお話もあるんだな…と心に残りましたので。

問 いよいよはや、この世のおいとまも近づきましたが、最後のお聞かせを頂きとうございます。

答 
ご病気のお苦しみはさぞかしおつらいことでありましょう。しかし、しばらくのことですから、がまんして下さいませ。

お床の中に居られて、今までのなされたことを思いおこされることは無駄なことです。うれしかったことも、悲しかったこともすべて夢のように、あとかたもなく消え去りました。造った罪は、願力に消されて淡雪のように形はありません。思うて益なく、既にそのことに用事はありませんから、すべてすててしまうことです。いついのちが終わりましても、お浄土は一重紙よりも近くあります。ただ、如来の願力の不思議を仰いで、喜んでくださいませ。今にも如来のみ姿が拝まれますことを喜んでくださいませ。

お浄土へはじめて生まれた時に、阿彌陀如来が仰せられますには、「この浄土と、今までの迷いの世界と比べてみたときに、そなたはどう思うか」と。お浄土には雨の降るように十方の世界から次々と参って来ます。それを見て、ただただ、合掌し、うれし泣きに泣いて言葉さえ出ないということです。

 これを思うてさえ、さぞお楽しみでありましょう。私も後から参りますから、半座を分けて待っていて下さい。南無阿弥陀仏。…(略) 加茂仰順和上『安心座談』



>お浄土へはじめて生まれた時に、阿彌陀如来が仰せられますには、「この浄土と、今までの迷いの世界と比べてみたときに、そなたはどう思うか」と。お浄土には雨の降るように十方の世界から次々と参って来ます。それを見て、ただただ、合掌し、うれし泣きに泣いて言葉さえ出ないということです。…

私はこれを読ませて頂いただけで涙で言葉がありません…

南無阿弥陀仏

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。