真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもも親もこれからです

昨日は小学校の入学式でした。

幼稚園では一学年3クラスだったのに、田舎なので24人一クラスだけになってしまいすこし寂しい感じもしましたが、先生方によくみてもらえていいかも知れません。

式の前に教室に入って、担任の先生との顔合わせそして早速入学式での挨拶の練習になりました。「お話される人が『おめでとうございます』と言ってくださったら、『ありがとうございます』と言うんですよ」…

式が始まって、校長先生のお話、来賓の方の祝辞。お話の中で「ご入学おめでとうございます」と言われると、練習どおりちゃんと「ありがとうございます」と応えることができていました。続いて来賓の方の紹介。紹介されると、その場で立たれて「ご入学おめでとうございます」とお祝いしてくださいます。それに対してまたその都度「ありがとうございます」と声を揃えて…。

しかしこれまた大勢の来賓の方。一人、二人…5人、10人…あらあらまだ続くの…?ちゃんと最後の方まできちんと「ありがとうございます」続けることができるのかしら…バラバラになってしまわないかしら…私のほうがハラハラしてしまいました。きっと担任の先生も同じ気持ちだったことでしょう。

でもみんなしっかりしていました。20回近く、ちゃんと大きな声で揃ってご挨拶できていましたよ。式の最後までみんなお利口でした。

無事式が終わって、やれやれ。時計をみたら40分くらいしか経っていませんでした。もっと長かったように感じました。私のほうも緊張していたんですね。

言い古されたことかも知れませんが、親にとっても、小学生の親になるんですよ、という式のような気がしました。主人も休みだったので、一緒に出席してもらってよかったと思います。子煩悩な人ですが、普段あまり子供の行事にも出ることができないので、感慨もあったことでしょう。(でも、撮ってもらったビデオのアングルがひどかった…前の人の頭ばかりじゃない…こんなことなら私が撮ればよかった…もう。ぷりぷり。何をやっても不器用なんだから。)

帰ったら義父がお祝いのお赤飯とケーキを届けてくれました。阿弥陀さまに見守られてみんなに支えられて、本当に幸せなことです。有難いです。

これからも愛する家族の為に妻として母として努めていこうと思います。なんまんだぶつの幸せのある家庭にするのが私の仕事であると思っています。

阿弥陀さま今日もありがとうございました。

私も毎日お応えさせていただきます。

「お浄土へ生まれさせますよ」

「なんまんだぶつ」何回でも…

なんまんだぶつなんまんだぶつ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。