真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ないものをあると思う心

救われるまでの過程があると思う(自分で間に合わせようとする)のが自力の心でした。

本願力のご回向だから、過程も方法も自分の側にはないと知ったのが、過程の最初で終わりではないでしょうか。
どうしてご回向としてくだされたのか、計らい自力捨てよと言われるのか、自ずと知らされました。

名号を受け取る。
つまり六字の謂れを聞く。
つまり仏願の生起本末を聞いて疑心あることなしと聞く。
つまり自力の心をすてて本願に帰する。
つまり彌陀をタノム。
つまり私を助けるを私が助かると聞く。
つまり本願を聞く。
つまり一向専念無量寿仏。
つまり南無阿弥陀仏。

言われ方はいろいろありますが、何にしても一つだけ。

何一つできない私の為に、そのまま、ただ、そのようにさせてくだされるための阿弥陀さまのご苦労と、それによって成就されたはかり知れないお力でした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。