真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

勉強会にて

昨日今日と勉強会に参加させていただきまして、有り難い二日間でした。

全国から来られた方は動機もこれまで学んでこられたことも様々でしたが、訊ねられても話せなくてだからもっと学びたいと言われる方や、興味があっても全く知らないから触れてみたいという方、浄土真宗のみ教えを知りたい学びたいというお気持ちは共通していて、先生方もご熱心でこうして一緒にお聴聞させていただくご縁をいただいていることが不思議で有難く感じました。

心に残ることはたくさんありましたが、どの先生も「学仏大悲心」ということをおっしゃっておられました。

それと、浄土真宗は難しい、と言われることについて。

人間の苦しみというのは自分の思いどおりにならないことから起こってくるもので、四苦にしても、老いたくないのに、健康でいたいのに、死にたくないのに、避けられないという現実がある訳です。

そこで「わかりやすい宗教」というのは「自分の思い通りになりたい」という欲望を満たすものなのではないかと言われました。

拝んだら、信じたら、信仰したら、病気が治りますよ、仕事もうまくいきますよ、長生きできますよ…

「思い通りになるにはどうしたらいいのか」に対して「こうしたらいいですよ」ということを言うからわかりやすい…確かに、こうなったら幸せでしょう、その為にはこうしなさい、というお話はわかりやすいですし納得もしやすいです。

ところが浄土真宗はそういうお話ではないのだと。

浄土真宗のお救いは思い通りにならないことが思い通りになるようになるのではない。つまり苦しいことや悲しいことが起こらないようにしてくださるお救いではないのだと。

阿弥陀さまのお誓いは「あなたが仏になれなかったら私も仏になりません」というお誓いであったように、私の悲しみ苦しみを自分の苦しみ悲しみとしてくださるのが阿弥陀さまなのでした。

もっと詳しいお話があってこれはほんの一面ですが、そんなお話もお聞かせくださいまして、そうだなあと思ったのでした。

如来さまの願いのとおりに往生させていただける身になります。苦しみ悩みもそのままありますが、どんなことがあっても私と共にあってくださり、連れてゆくと言ってくださるから安心でこの世のことは乗り越えていけるのですね。

だから確かに御利益宗教とは違ってわかりにくいのだとも。

けれどもわからないと言われながらもこうして共に聞かせてくだされるそのおはたらきは、現に今如来さまが共にお育てをくださっているのだなあとも感じられて、頼もしくも味わいさせていただきました。

お念仏に溢れたご縁でした。

なんまんだぶつ


*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.06/20 18:05分 
  • [Edit]

いつもありがとうございます 

そうですねぇ、何と言いますか、前後を通して「こうでなくてはならないのだ」というところが強いところでしたね。実際は逆で、「こうでなければ」というものは捨てさせられた世界なのですから、悩んだり悲しんだりもそのままで、でもそのままで連れていくよ、と言ってくださるから安心で、想像していたものとは慶びの質は違っていたけれど自分の想像も及ばないから無限の素晴らしさのお六字の世界なんだと知らされますよね。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.06/20 22:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

<悩んだり、悲しんだりもそのままで、でもそのままで連れていくよ・・・・・阿弥陀様の喚び声が今も聞こえます。

  • posted by 遠慶宿縁 
  • URL 
  • 2010.06/21 10:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

われ称えわれ聞くなれど南無阿弥陀
つれてゆくぞの親のよびごえ (原口針水和上)

いつも聞こえてくださるのが有難いですね。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.06/22 18:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード