真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如来選択の願心

「選択」って有難いなあと思います。

既に阿弥陀さまが選択してくださっていたのだと。

いろんなところにあると思いますが、今日たまたま読ませていただいていたところでは

 …やがて法然聖人は浄土門の教えを体系的にまとめ上げた『選択本願念仏集』を著します。そこに著された浄土門の教えは、単に自力聖道門に耐えられないから、他力浄土門の念仏にすがりつくといった、一般仏教からの逃避でも堕落でもなかったのです。

法然聖人が「選択本願念仏」と言われた念仏は、阿弥陀如来が五劫という永い時間を掛けて、罪悪深重の凡夫を救うために、選びに選び抜かれ、本願とされた念仏だったのです。浅はかな凡夫の都合で選ばれた行ではなかったのです。

 善導大師は、念仏が往生必定の行業(正定業)であるのは、本願に順じているから(順彼仏願故)と示してくださいました。それを承けられた法然聖人は、さらに阿弥陀仏が念仏を本願とされたことを「選択」と表現され、その内容を取捨の義であると言われたのです。

それは念仏を選び取り本願とされたと同時に、その他のあらゆる行を選び捨てられたことを意味していたのです。この選取選捨の思想こそが、既存仏教を敵に回す根本となるのです。即ち、法然聖人は、聖道門を捨てて浄土門に入ることも、浄土門に入っては、雑行を捨てて正行を修することも、正行の中にあっては称名正定業の一行を修することも、みな阿弥陀如来の絶対的な選択に依るものであるとおっしゃったのです。つまり阿弥陀仏が選取された念仏こそが真実であり、選捨された自力の諸行は真実でないと言い切っていかれたのです。それは自力を根本とする既存仏教の完全な否定を意味していたのです。…利井唯明師「流罪─大事件の顛末」『親鸞聖人の魅力』一味出版部



もう一つ参照したいものがあったのですが、家の中で行方不明になってしまいました。……


 それおもんみれば、信楽を獲得することは、如来選択の願心より発起す。真心を開闡することは、大聖(釈尊)矜哀の善巧より顕彰せり。 (顕浄土真実信文類 序



如来選択の願心によって、選択して私にお与えくださったお念仏だから、間違いがなく私を往生させてくださいます。

なんまんだぶつなんまんだぶつ

 

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。