真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでいいのでしょうかの心

私の側はどんな心であっても助けるのお力に変わりはないのですが、私の心がこんな心でもいいのだろうかと疑ったんですね。

だから、「こんな心でも助かるのでしょうか」も、「こんな心になったのですがこれでいいのでしょうか」も同じ疑いからくる心だと思います。

そこで「それでいいんです」と言う人もあるのでしょうが、確かに私がどんな心であろうとも阿弥陀さまがお助けくださることには間違いはありませんが、人がそういう心になったことをもってして助かっているという意味で言ったらおかしなことになります。あなたもう疑いありませんね、なんて言動から見て言えないのです。私の心の有り様やもちようではどうにもなりません。心が変わったと言ってもまた変わってしまいますからあてにならないでしょう。

阿弥陀様と私にしかわからないことと言われたりしますが、阿弥陀さまの私を助けるに間違いはないのですから、私の心これでいいのでしょうかというのは必要がないのです。人様のことは、ご信心の方だろうなあと思うことはもちろんありますが、どこどこまでも判定とか認定とかそういうものはできないものだと思います。それに判別する必要もないんですよね。助かっているとか助かっていないとかご自分のことを言われる人はあっても、それを他人の私が区別して差別する必要もないと思います。

とそんなことを考えていましたら、読んでいた本にこう書かれてあって、そのとおりなんじゃないかなと思いました。

他力廻向

 この信心は衆生領受の心相でありますから、ややもすると、衆生心相の上に明瞭に覚知され、異業の上に現れているもののように考え、また、往生の正因ということばによって、ややもすると私の手もとでどうかしなければならないかのように誤られやすいのであります。同じ浄土門の中にでも信心だけは、受ける機だけは、衆生の方で起こさねばならないと考える宗派もあり、浄土真宗の中にさえおうおうにして誤られやすいのであります。親鸞聖人は、その点をよく注意して信心は他力廻向であることを、信巻の三一問答の下にはくわしくお示しくださってあります。
 私はある教育者からこんな話を聞いたことがありました。それは浄土真宗は大変不親切である。信心の大切さを十分話ながら、しかもその信心の有無によって、浄土に往生するか地獄に堕するかの重大問題であるのに、信者が、私の心がこのようになりましたから、これで信心を獲得できたのでしょうかと聞くと、お寺さんたちは定まって、信心獲得でないともおっしゃいませんが、決してそれで信心を獲得したのだとは許してくださいません。皮肉にいえば、ちょうど、腹のへった犬の鼻先へ牛肉をつきつけて食べさせないようなものだともうされました。
 しかし、信者がこんな心になりましたからこれが信心でしょうかと聞いたとき、それは信心であり、それが信心でないとだれがいい得るのでありましょうか。また、行者の心の相にあらわれたものをそれは信心だということが、かえって誤りを生じ、このようにもうすことがかえって不親切なことになるのであります。なぜならば、人間の心は、常に変化しどおしに変化しているものでありますから、よろこばれる心も長つづきはいたしません。ありがたい心も長くはつづきません。そんなものは一切合切、地獄いきの私の心なのでありますから、そんなものを信心だと思わせることこそ最も人を誤らしめるものであります。…(略)…
 往生決定も如来の願力の上でこそ談ずべきで、私の心の上のいろいろの相の上ではもうすべきではありません。だから私の心はこんなになりましたがこれが信心でしょうかと問うから、それで間違いありませんとはもうされないので、もし「私の心はどんなあさましくても、如来の本願は間違いなしにお助けくださいますね」とお聞きしたら、浄土真宗の僧侶なら、それに間違いあるとは決してもうしません。すなわち往生決定を私の上で定めようとするところに大きな誤りが生ずるから、往生決定はあくまで如来の願力で談ずべきであります。その故は私の救われていくすべては如来廻向なることを示さんがためであります。  桐渓順忍集『現代に忘れられてるもの』

 


どうしてこんなどうでもいいことを考えたり書いたりしているのかというと、私が所属していた団体では知識だのみという問題があったんです。知識だのみというのは、自分の安心(あんじん)について知識に依存するということだと思うのです。阿弥陀さまからのご信心というのは、私の心これでいいのでしょうかもないのですから、知識にこれでいいのでしょうかと依存することも必要ないのです。

人や、自分が先生と認めた人に認められていないと不安というのでは辛いですよね。「認めて欲しい」「認めてくれているのかな」という不満・不安が常につきまとう訳ですから。そういう意味でも、知識だのみというか、知識依存というものからは離れたほうがいいと思います。本来、浄土真宗の救いとは、そういうものを必要としないから安心ができ、救いになるのだと思うからです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。