真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ

四苦八苦…体のことは気をつけていても、病気になったり具合が悪くなったりすることはありますね。

身体がつらいとどうしても今までできていたことができない訳ですから、精神的にも弱気になったり落ち込んだりしますが、当たり前だと思っていた元気でいることの有り難みも思い出しますし、本当に人間というのは苦しみ悩みの存在だと思います。

関連して前から思っていたことなのですが、何でしょうか、救いとはものすごい大きな幸福が獲られるのだと聞きますと、幸福感がとてつもなく大きいからそれによって苦しみ悩みは小さなものとなって問題にならなくなるような幸せなのかと想像したりしませんでしたか。例えば、100億円の宝くじが当たったならそれが嬉しくて、何かあっても「100億円ももらってあるのだからいいじゃないか」と思えるかのような。前にも書きましたが、阿弥陀さまのお救いの世界は、大きな喜びで私の苦しみ悩みが相殺されるようなものではなかったんです。だから、「100億円もらった、嬉しいなあ何を悩むことがあろうか」というのは、結局相対の幸福だと思いますね。(絶対とか相対とかいうものではないと思うのですが、そういう言い方をするとしても、という意味です。)自分の苦悩と100億円と比べて、つまり相対化でもって小さくして、慰めるようなものではないと思うのです。

(ですから、この先いつか絶対の幸福が獲られるはずだから、今の苦悩は問題にならないと何でも我慢するんだ、というのも同じことだと思います。そんな絶対の幸福は、絶対とは言葉では言っても相対の世界のものですから、追い求めてもどこまで行っても相対のままで変わらず、その想像上の絶対の幸福は獲られないと思います。)

仏さまの世界だから譬えってやっぱり難しいと思いますし、合わないところもありますし、表現は人それぞれあっていいと思います。100億円なら、私は0円かな…。0円のまま、持ち合わせのないまま、これからも支払い能力0円でしかいられない私のまま、100億円以上の船に乗せていただいているということなのかな、と思います。だからもはや私がこれから100億円稼ぐために励む必要もなかったですし、100億円所有する必要もなかったと言いますか。船を私のものにする必要もなく。なんまんだぶつの船でした。

病気も人間の根本的な苦しみの一つだと言われていたと思うのですが、ですから病気の人は救われないということはありません。関係ないですよね。救われたら病気にならないということも聞いたことがありません。癌にならないとか、風邪をひかなくなるとか、そんなことはありませんよね。ですからあらゆる病気になることもあれば、持病があれば良くなることもあり、悪化することもあるでしょう。

環境(縁)によって、病気になったり、回復したり悪化したりするのは元々そういうもので、お救いには関係のない話だと思います。救われたことが良い縁になれば病状も良くなることもあると思いますが、他にも良い縁や悪い縁はありますから、そのうちのよい縁の一つになったということだと思います。

体が悪ければ辛いし、怒ることもあるし、泣くこともあります。人間、凡夫です。
私は情けない、恥ずかしいまま、
それでもそんな私を目掛けての南無阿弥陀仏、そのおはたらきは変わりません。

素晴らしい南無阿弥陀仏と浅ましい私を比べるのではないのです。
なんまんだぶつにすっぽり包まれているのが私なのです。
抱きかかえられて連れていかれるんです。

なんまんだぶつ


*Comment

NoTitle 

>船を私のものにする必要もなく。なんまんだぶつの船でした。
なんまんだぶつの船に乗せていただく旅の気楽さ。
船を確実に私のものにして安心したい!と自分の中に船をこしらえてつかもうとしていたな・・としみじみ。

hiromiさん、暑いので、お体ご自愛くださいね!
  • posted by mary 
  • URL 
  • 2010.08/03 23:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

暑いですね、気力はありますが体がついてこないといった感じです…。いつもは夏は好きなんですけれども。

>なんまんだぶつの船に乗せていただく旅の気楽さ。

手ぶらの旅で気楽ですね。船は私のものにする必要ないのですし、私のものにしてはいけないんですよね。私のものにしたら阿弥陀さまの船でなくなってしまう。できないし、しようとするから受け取れない、している間は他力と受容できないということだったなあと思います。これからも、余計なものを付け加えたくなる私に気をつけてお聴聞させていただこうと思います。

ありがとうございます♪
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.08/04 08:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。