真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

如来さまが知られた私

「善は間に合わない」と聞いていて、そのとおりなんだろうなと聞いていました。

私に仏様になれるのような善は一つもできないんです。世間で言う良いことをした、の善とは違うんです。いい気持ちになった、人から感謝された、喜ばれたの良いことは実際しているのだし、このことに努めるのは当たり前ではないでしょうか。

ところが、「仏になるために、善ができないと知らされるまで(知らされる為に)善をしなさい」だと思っている方があるんですね。ここが根本的な間違いなんだろうなと思います。

聖人さまは「仏になれるような善はできないのだからしようとするな」と仰せなのではないでしょうか。善ができないと知りなさい、そのような私のための弥陀の本願を信じなさいと直ちに帰命することをお勧めしてくださっておられました。十八願に帰命しなさいというのが浄土真宗なのであって、帰命する為に必要と称して他のことを勧め始めたらもうそれは浄土真宗ではないのですね。信心一つというのは、阿弥陀さまが回向してくださるご信心一つということなのですから。

自分でやってみなければ知ることはできない、というのなら、阿弥陀さまの御心を知ることも不可能と思います。阿弥陀さまは五劫の思惟と兆歳永劫のご修行をなされたということですから、それほどのことをしなければなりません。自分で知ることができないことを自分で知ろうとしていては、知ることはできないはずだったなと思います。知ると言っても、何かを自分が知ったわかったと思ったのがご信心ではありませんし。

清浄な心もない。真実を知る知恵もない。行ずる時間もない。
仏になれるような善はできない、知ることもできない私と見抜かれて、阿弥陀さまが仕上げてくださったこのご名号のなんまんだぶつ、知ることすらできないからお前のところまで行って仏にすると、来てくださっておられます。だから私はそのままで、本願を信じたなんまんだぶつを称えさせていただいて幸せです。

なんまんだぶつ・・

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード