真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

自力の中の自力

「自力の中の自力とは、いつも御恩が喜べてびくとも動かぬ信心が、私の腹にあるという、凡夫の力みを申すなり」
昔から越前のほうで言われていた言葉だそうです。

私の心がしっかりして、もう間違いがなくなってではありません。

阿弥陀さまがお助けくださることに間違いはありませんが、私に間違いがなくなるのなら間違ったことも言ったりやったりしなくなるのでしょうが、そんなこともありません。

私が阿弥陀さまを逃がさないようにしっかりとつかまえているのではなく、阿弥陀さまが抱えていてくださるのです。

私は阿弥陀さまのことも抜け抜けです。
そんな私だから、いつも阿弥陀さまのほうからなんまんだぶつ、私は忘れることはないぞと常に呼び覚まし続けてくださいます。捨てられることがないとはこのこと。忘れるなよと呼んでくださるのも有り難く、申し訳ないと思いながらお念仏…今日も幸せです。

なんまんだぶつ、なんまんだぶつ


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード