真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

間に合わない

善の勧めはあるけれど、善が間に合って助かるのではないという話を聞いて、

「善が間に合わないと知らされる為に善をするのかな」と思ってました。

一見そうかなと思う。できないと体験したらわかるという想像。実践してわかったらいいのではないか…自分での力で会得する体験というものはそういうことですものね。自分で知る、実感する、コツをつかむ…でもそういうことじゃない。

「善が間に合わないと知らされる為にやろう」と思う心は、「善が間に合わないと知らされるためには善をすることが間に合う」という心ですから、結局「自分で間に合わせようという心」なんですね。

だから本音では「自分で間に合わせよう」と思ってしているので、「いつか知らされるんだ(間に合うはずだ)」と思ってしているので、「自分で間に合わないものを間に合わせようと努力している姿」だったんです。だからそのままでは間に合わないと知らされることもないはずです。心の向きが真逆なのですから。

始めから間に合わせてくださったものがあるのに、それは脇に置いておいてほったらかしか、眺めものにしておいてタノマず、まず自分をたのんだ後に…と後回し。ずるずると。

「始めから間に合うはずのないもの」を「間に合うはずだ、間に合うはずだ…とやり続けろ」、ということですから、それはどだい無理でしょう。

その間に合わせようとする心を捨てなさいということでした。

南無阿弥陀仏以外に私のすることで間に合うものがあるとするのは、南無阿弥陀仏では足らないと思う心、南無阿弥陀仏を疑っているのですね。

なんまんだぶつ、なんまんだぶつ



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード