真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広い世界

私は如来さまの弟子の一人でありたいと思っています。
日々の生活は何でも御恩報謝であるべきだと思っています。

何かすることで、ほんの少しでも人様のお役に立てたならばとは思っています。余計なことには首を突っ込みたくはありませんが、困っている人や苦しんでいる人に対して自分には関係ないという無関心な態度は慈悲がないと思います。しかし表面上のことばかりではなく、何が本当に大切で役に立つことなのかということは、目にも見えにくいのだと思います。

そういうことなので、何かをするにつけても、他の方のことは知りませんが、私は今はもう「特定の」誰かや「特定の」集まりの為にしているということはないのです。組織で動いているものでもありませんので、浄土真宗のことで誰かと上下関係にあって、上からの指示や依頼があってしている事実もつもりもありません。
今までずいぶんとそういう上下関係のようなものに縛られてきたのだなと思います。

どなたであっても話を聞かせていただくときは先生ですし、個々の信頼関係の上でのやりとりはもちろんありますが、誰かや何かの「傘下」に入ってそこに従ってほめてもらったり認めてもらったりする為に生きているのでもありません。傘下というものがあるとするならば、私は阿弥陀さまの傘下だと思います。

私がどんな者であろうとも決して捨てられないという阿弥陀さまのお慈悲と毎日知らされているのですから、誰それが好きとか嫌いとかでとらわれていくのは狭い世界のことだなと思います。好きとか嫌いとか言っても全部私の都合なのです。

もちろんそういう我執からは離れることのできないのが私ですが、仏法とは、阿弥陀さまの本願を信じて念仏し、生死を超え、愛と憎しみを超えた浄土を目指して生きることだとお示しくださった方がありましたが、有り難いことに、お念仏をし、おみ法を聞かせていただき、素晴らしい御同行の方々から学ばせていただけばいただくほど、小さな狭い世界のことにとらわれていた私の世界が広がっていくように感じます。私を包んでくださる如来さまの世界は、もっとずっと広いのですね。

なんまんだぶつ

*Comment

 

その通りだと思います。自分勝手な自分ながら、自由な身にさせてもらいました。南無阿弥陀仏
  • posted by 名無 
  • URL 
  • 2010.10/27 22:45分 
  • [Edit]

名無さん 

「自由な身」…そう読み取っていただけたのですね、感動しました。実は、「自由」という言葉…自由を感じているということ、自由になっていくということ、うまく表現できなくて誤解されるかなと思って消したんです。でも、やっぱり、そうなんですよね。ありがとうございます。なんまんだぶつ
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2010.10/27 22:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。