真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如来さまに遇う

「念仏を称えれば往生できる」
「お念仏すれば往生できますよ」

これが間違いだとか信じられないと思っていたのが、まことにそのとおりだったのですねと疑いなく聞いて受け取らせていただいているのが不思議です。

この言葉を、自分が念仏を称えた功績によって往生できるという意味にとれば当然間違いですよね。
しかし、「念仏を称えさせて往生させるとされた本願を疑いなく信じなさい」という、本願の念仏への疑いを戒めて信心を勧めている言葉とすればそのとおりなのです。私の側からの信心とは、阿弥陀さまからお念仏を阿弥陀さまの御心として受け取っている姿であり、阿弥陀さまから賜っているものですから疑いもないのですね。
梯實圓勧学『親鸞聖人の教え・問答集』(大法輪閣)を読ませていただいております。

Q 自力とは人間の思議をはたらかせる教えであり、他力とは、人間の思議をさしおいて、阿弥陀仏の智慧に導かれていく教えということになるわけですか。

A それを自力を捨てて他力に帰すというのです。自力の教えというのは、私どもは平等に仏になれる素質をもっていて、教えの通りに修行すれば必ず成仏できると信じ、全力をあげて布施(ほどこし)・持戒(戒律を守る)・忍辱(苦難に堪える)・精進(努力)・禅定(精神統一)・智慧といったさまざまな行を実践して心身を浄化し、自利と利他を完成していく仏道でした。

 それに引き替え他力の教えは、厳しい修行によって自身の煩悩を浄化する力もなく、そればかりか罪業を造り続ける愚悪な凡夫の悲しみを、ご自身の痛みとして共感し、自らのこととして救い取ろうと誓願された阿弥陀仏の大悲智慧の本願力によって救われていく仏法です。その阿弥陀仏の大悲利他のはたらきを他力(利他力)と呼ばれているのです。

 阿弥陀仏の本願力は、本願の目当てであった私どもに届いて常にはたらき続け、本願を信じる能力のない私を育てて、本願を疑いなく受け容れる者にしあげ、念仏する気もなかった私を、細々ではあるが念仏を申す行者に育ててくださいました。そしてこの世の名利しか求めていなかった私に、浄土こそ「まこと」の世界であると知らせて、涅槃の浄土へ導いてくださることを本願他力の救いと呼ばれたのでした。

 いいかえれば、他力は、私が本願を信じ、念仏しているところに顕現している如来のはたらきなのです。私どもは如来の他力に包まれ導かれながら浄土の旅を続けているのです。

Q しかし、教えを聞くことも、信じることも、念仏を称え続けていることも、実際は私が聞いているのであり、私が信じているのであり、私が称えているのではないのですか。

A 確かに自分が努力して聞法し念仏しているのですから私の行いであって、自力の営みであると思われるのはもっともなことです。しかし、そのように常識的に理解することを自力というのです。

 念仏は私の行いであると言うときに、その人に見えているのは、「私は念仏した」という自分の功績だけでしょう。幾ら念仏していても、自分に逢うだけで如来さまには決して遇えません。実は如来さまに遇えないのではなくて、如来さまの前に自分が立ちはだかって隠してしまっているのです。もしそんな状態で如来が見えたとすれば、それは自分の心の影であって、まことの如来ではありません。念仏させてくださっている如来さまの大悲願力を覆い隠すものこそ自己をたのむ自力心だったのです。

 教えを聞く気のなかった私が、教えを聞いて喜ぶようになっているのは、私が偉かったのではなくて、どうぞ一声でも真実のみ教えに遇ってくれよと願われた阿弥陀仏の本願力のはたらきの賜物であったと気づいたとき、その場で私を聞法させてくださっている本願の如来さまに遇わせていただくことができます。

 ただ自力をたのむ心が幅をきかせている限り、本願他力に遇うことはできません。ただ一声でも念仏が口をついて出たとき、これが「本願をまことと受け容れ、お念仏の申せる人生を生きてくれよ」と願われた本願力が、いまの私の上にとどいて躍動している姿であると気づいたことを「他力不思議」と信知するといわれたのです。



このご本は問答形式で大変詳しく分かりやすく書かれてありますので、よく読ませていただこうと思っています。

なんまんだぶつ・なんまんだぶつ


*Comment

念仏往生 

「念仏を称えれば往生できる」
「お念仏すれば往生できますよ」
このお言葉を素直に疑いなく受け入れていることを、慶ばずにはおれません。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
  • posted by 雑草 
  • URL 
  • 2011.01/10 12:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

ありがとうございます。阿弥陀さまがこの私の為に選んでくださった行だったのです。たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ…ですね。

なんまんだぶつ
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2011.01/10 17:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。