真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の側の話は無用になる仏様の側の話

浄土真宗で聞かせていただくのは、いつでも如来様のお話です。
あみださまの願いの生起本末を聞かせていただいて、疑いようのない御心が届いてくださるだけで、
私が疑いないと思える確かなものをつかんで、私が必ずと言えるようになった、私の心で間違いないと言えるような確かな心を得たというようなものでは、なかったのです。

私のあてにならない心でつかんでいるものではないので、これほどはっきりしたものはありません。

だから、私の心をまさぐって「疑いはないな、よし、これで助かっている!」というものではないです。「疑いがないという私の自覚」「間違いがないという私の確信」がお救いの証拠ではないのです。この前に書いた和上さまの無疑と不疑の違いのお天気の譬えのように、私の側からは言う必要がないのです。私の心の有り様をたのみにはできないからする必要がないと聞かせてくださるのがなんまんだぶつだからです。

「私」や「誰か先生」のような「人」が、「必ずと言っているから」「必ずと言えるようになったから」ではないのです。
「阿弥陀さま」が必ず助けると仰せでそのままに今おはたらきだからです。

「私は必ずと言える」というような方は、阿弥陀さまの仰せではなく自分の言うことを聞かせたいのでしょうか。

いつでも「仏様が必ず助けると仰せですよ」と仏様の側のお話をお示しくださる方が本物の先生ですね。これからも阿弥陀さまのお話を聞かせていただこうと思います。

そんなことを考えていて思い出したお話…

 さて次に頂かれて見ればもうちっとは喜ばれそうなもの、さほど喜ばれぬのは頂かれぬのであろうかなど、喜びを目的(めあて)に安心しようとするのは、酔いが廻ったら酒を飲もう、水が出たから井戸を掘りたいけれども、水が出ぬから井戸は掘られないというようなものじゃ。

是れは蓮如様が糸を以て着物を縫うに、糸の先を結ばずに縫う様なもので、何程でも限りはないと仰せられてある。ところがそれを一口に御裁判なされて、喜べ助けるの御本願はなきなりとのたまうてある。そこで何で喜べぬかいなという心配はやめなさい。

ともかくも御浄土参りの一段については、思うたからの、疑い晴れたからの、称えたからのというのは、皆自力というて邪魔になるものじゃ。一切役に立たぬ。

そんなら信じたも役に立たぬと仰しゃれば疑いながらでようござりますか。左様じゃない、疑いなりで参るのではなけれども、疑い晴れたからこれでという信功を募るが悪いというのじゃ。左様ならどう致しますかというに、こちらから疑い晴れて、これでと土産持って参るのではない。参られそうもないものを、あなたが助けるという勅命なれば、それを真受けするでよいではないか。左様なってみりゃ安気じゃないか。


『七里和上言行録』第四章 御正忌法話 第六席二 p653?



 おゆき様は杖にすがり雪の中を見送り、十二丁ゆけば、「オイオイ」と呼びもどされゆえ、なにかしらぬと帰って来た。その時に私の手をとり、

これ兄さん、お前は信心を得にゃ帰らぬというたなあ、「ハイ、さよう」おゆき「けれどもどこまで行かれるか知らぬが、もしやこの後において、いよいよこれでこそ得たなあというのが出来たら、如来聖人とお別れじゃと思いなされ、元のすがたで帰っておくれたら、御誓約どおりゆえ、さぞや御真影様はお喜びであろう

との御一言を蒙って、その場においては、何のことやら更に訳が分からぬで……其の妙味を知らせて頂いたが、ようやく純他力を味わう初めであった。

『信者めぐり』三田老人物語



私の側で何を言ったところで、何の役にも立ちません。申し訳ないことに、安気なものでございます。なんまんだぶつ、なんまんだぶつ


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。