真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばれちゃった

ひっそりと始めたブログ、誰に言うでもなく日記のつもりで始めました。

カウンターの数字が一つ増えているだけでもびっくりしたりして、ネットの世界ってすごいなあと思ったりもしました。普通は手紙とかメールとか知っている人に書くものですが、知らない人が、読んでくださるなんてどきどきしますね。

コメントをいただいたり感想をメールで頂いたりするとこれまた嬉しいものですね。

そして、ついに…私の先生に知られて読まれてしまいました。遅かれ早かれいつかはと思っていましたが、いざ読まれたと思うと、恥ずかしいですね。心のままですから。欲もありますから、どう思われるかな?とも思ったりして…

本当に不思議です。恥ずかしがり屋の私が、こうして心の世界を書いたり、人とも話したり…心の世界が自由なんです。
お前そんなの間違いだろう、と言われても、私が間違いでも、私がどれだけ間違っていても、私をつかんで離されない阿弥陀仏に間違いがないのだから、いいんです。

それでも、行為は全くの自由ではないと思うのです。法律や倫理道徳ももちろんありますし、善い事をして善い結果を得たいし、法を大事にするならば、自分の行為もよりいっそう浄土真宗の教えを学んで教えに従っていかなければいけないのではと思います。実際はそんなに意識しているわけではないですが、煩悩具足は変わらないですから、よく言われる造悪無障、これではいけないのだろうな…と。

救われたからと言って、何もかも分かる、何をしてもよい、ということにはならないんですね。
余計に、先生やお同行も大切にしたい、そう思ったらあまりいい加減なことはできないですものね…。それが自分自身でもよく分かりました。

…とにかく、知られたからには、あまりいい加減なことは書けないなあ…と一瞬思いましたが、やっぱり、思ったままに書こうと思いました。それで、今日も心にあることそのままに書きました。
救われたらこうなるべし、という姿もないんです。特別な人が救われるのでもなく、特別な人になる訳でもないと思います。
私自身は何も変わりませんでした。私は何も変わらないのに、心の世界は変わってしまいました。南無阿弥陀仏。



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。