真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

往生は弥陀のお仕事であるから、世界がひっくりかえっても

一六
 如来は私に向いづめして下されるのに、私は、ご信心の方へ首を突っ込んでいる。
これがそむく姿と云われている。

 私は逆立さかだちになっても、如来ばかりに助けていただく外は何もない。

 信得しんえたら、本当に聞いたらなられるように思う。
なられぬとしりつつ、なられるように思う。安心もなく、決定けつじょうもなく、そむきづめのままである。どうしようもないままである。

このなりをまるきり如来に助けていただくほかには何もない。如来さまばかりで往生をさせていただくよりほかにない。


ふらふら、ぐらぐらの一文なしであるが、往生は弥陀のお仕事であるから、誰がいけないと申されても、世界がひっくりかえっても、ぐらぐらのなり、よかったことです。
これも如来さまのご苦労のおかげである。ただ弥陀をタノムばかりである。

加茂仰順和上『西の旅』第七章 仰せばかりで参らせていただける 百華苑



>ふらふら、ぐらぐらの一文なしであるが、往生は弥陀のお仕事であるから、誰がいけないと申されても、世界がひっくりかえっても、ぐらぐらのなり、よかったことです。

というところが好きです。

逃げる私をどこどこまでも追いかけて、ぐにゃぐにゃふにゃふにゃの私を、変幻自在、まるごと包んで含めて、抱えていってくださる阿弥陀さまなのです。
「機法合体」ではなかったのですね…一体なのです。

なんまんだぶつ
 

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード