真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃がさぬお慈悲

逃げる私を追いかけて、逃げても逃がさぬお慈悲…というお味わいが好きです。

謗ったり、反発するものをも、誘引して最後は一味の海に入れてくださるのが阿弥陀さまのおはたらきなのでしょう。

想像もできない包容力…浄土真宗というのは、とてつもなく広くて大きなお救いだと聞かせていただきます。そうでなければ、底無しの罪を抱える極悪の地獄行きの私は救われることがないのです。

しかし縁がなければ、法に遇える聞けるご縁がなければ救いに遇うこともできないのです。救いたいの仏さまからしたら、逃げられてしまったら失敗、負けだから、逃がさないようなお慈悲にしてくださった。それが三願だとも聞かせていただいています。

逃げる私をも、阿弥陀さまはこちらに来い、こちらに入れと喚び続けてくださっていました。

相手を黙らせたりしたらこちらが正しいということにして勝ちで、それで逃げたり離れたりした人がいるのに、勝ったと言って喜んでいるとしたら仏さまの御心とは違うものではないかなと思います。

凡夫の「我が正しい」というのが出発ではなく、如来さま、阿弥陀さま、念仏のみぞまこと、その御心を聞かせていただき信知させていただくのが浄土真宗だったのですね。

間違ったもの、異なるものを排除するようなことではなく、どうか聞いてくれよ、まかせてくれよと泣いてくださっていたのが阿弥陀さまなのでした。捨てられる、諦められることがないのです。阿弥陀さまは。

なんまんだぶつ



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。