真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

はっきりしています

ある会でも、救われたらはっきりするがはっきりしたのが救われたことではないと聞いていたような気がするのです。あまりこだわる必要もないと思いますが思うところ。

今日の天気、はっきりしているか、と聞かれたら、二つの意味があるのかも知れません。
今の天気何ですか?となったら目の前の天気がわからないということはないでしょう。晴れている、曇っている、雨、見たらわかります。何らかの天気であることは、はっきりしていないことはないです。

何やら、晴れたり曇ったり、と思ったら一時雨…という天気の日は、今日の天気ははっきりしないなあと言うことはあるかも知れません。日が出ているのに雨が降っている、こちらの地方では「狐の嫁入り」と言いますが、そんな時の天気は雨なのか晴れなのかどちらと言ったらいいのか?ということもありますね。

こちらの認識・定義ではっきりしない、言えないことはあるかもあるかも知れませんが、天気が存在しない日はないのですね。

「あの時はっきりしたから」とか「はっきりしなくてもいいんだ」と、私の心をあてにするのではなかったのです。過去の体験でも、未来の予定でもないのです。

私のはっきりは不要の、如来さまのはっきりした御心が今はっきり届けられています。

私のはっきりは関係ないと如来さまのほうでははっきりしておられますので、はっきりしないままとはっきりしました。言葉で言ったら全部間違いになるので、あまりにも人の言葉にこだわったり、摺り合わせたりしないほうがいいですね。言葉の意味を二つにとって、片方だけを取り上げて、それは間違いだと言われる方もあります。
でも、そんな人があろうとなかろうと、人や人の言葉よりも向こうから来られる阿弥陀さまのお救いなのでした。

なんまんだぶつ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード