真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聴聞に極まる

善知識が悪いと言われることは信のなきことだとお聞きしていました。

信とは聞なので、「聴聞に極まる」と仰ったのもわかります。

信を獲たということは聞いたということで、そこから聞き始めたということです。本当に聞き始めたのはそこからですね。(何か聞いたという摩訶不思議な体験としての聞くということではなくて、「疑心あることなし」の「聞」くです)

私の尊敬する方が最初に教えてくれたのも「ご信心いただいてからがスタートなんだよ」ということでした。これは本当にそのとおりでしたし、心がけもそうでなければならないと思います。いつも初事として聞くというのもそういうことでしょう。私が御恩報謝に生かされてこそ浄土真宗の中にある慶びがあるのではないでしょうか。

「聴聞に極まる」が、教えるに極まるとか、顕正に極まるに変わると聞いたことはありません。

聴聞というのは、阿弥陀さまから私へのおはたらきです。私から外へ向うのではありませんでした。人に向うのでもありませんでした。

もしかするとあの人は、一番大切な、自分への聴聞ということを忘れてしまったのかもしれないな…と思う今日この頃です。人のことはどうでもいいのですけれど。

なんまんだぶつ


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。