真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉にしたら

言葉にしたら、どう言っても間違いだから…と聞いたことがありますが、
言葉で表せない世界ですから、そういうことになってしまいます。

何も要らん、と言うと、何もせんでいいのかー、とか
善は関係ない、と言うと、善いことするなと言うのかー、とか
そのまま、と言うと、十劫安心じゃないかー、とか…

だから、あまり言葉にとらわれないで、そこで言わんとされている心を知ろう読み取ろうとすることが大事なのではないかと思います。何につけてもそうだと思いますが、殊に仏法に関してはそうなのかも知れません。

何もない、と前に書きましたが、何にもなくっていい、ということじゃなくて、分かることは分かります。明らかに、疑いの無い世界なので、阿弥陀仏のましますこととその本願がまことで私に届けられていることが分かります。

感じるのは、やっぱり喜びだと思います。
こんなに変わらない続くいつでもどこでもある、忘れないなくならない喜びは、どう表現していいか分かりません。踊り狂うような感じはないですが、いつも心の底に深く流れる静かな喜びです。縁にふれて溢れてきて、少しも変わることがないのですね。

一人もの思いにふけっていても、どうして私はこんな身にしていただけたのだろうか、どうして逢い難い師にあえたのだろうか…と喜びに浸ってしまいます。

法にふれれば、その心が分かるときはそのとおりだなあ、なんて有難いのだ…と思い、難しくて分からなくても、なんて深いみ教えなんだ、すごい教えなんだなあ、こんな馬鹿な私が南無阿弥陀仏の御心知らされて…、とこれまた嬉しいのです…

音楽が流れてきても、
「You are my SOUL! SOUL!いつもすぐそばにある、ゆずれないよ、誰もじゃまできない…」
こんな、ちょっとしたフレーズにも、なぜか感動してしまうのでした…

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。