真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の内外のへだてなく

今の家に越してきてから、二カ月に一度程でしょうか、エホバの証人の方が冊子を届けに来られます。
どんな教えなのか興味もあるし、勉強の為と思って受け取っています。
そして、「ご苦労さま」と声を懸けています。本当にそう思うから。

そんなことを続けていたら、毎日朝刊を届けてくれる新聞屋さんもエホバの方だったらしく、集金のときに「いつも〇〇さんから、冊子もらわれているそうですね」と嬉しそうに話してこられました。

前に、エホバの証人の関係の本を読んだことがありますが、冊子ではわからなかったその教えや信仰の内容の本当のところがわかって大変興味深かったです。
この人たちも、人を誘わなければ救われないという思想の元、それでも救われる唯一の道を知らされ実践している最高の幸せ者なんだ…という喜びがあるのでしょう。最高の善であると信じている…人間の「信じる」という行為は生きる為の本当に強いエネルギーですね。

だから、本当にご苦労様…と思って、別の宗教を信じているということだけで決して見下したり酷く憐れんだり切り離したりするような気持ちにはなれないです。
私はたまたま、このなむあみだぶつの道と出遇って知らされてよろこばせてもらっているだけで、私が偉かった訳でも偉くなった訳でもないのです。
今はたまたま違った道を行っているように見える人でも、受け入れるだけの懐の深さをもっていたいと思うのは私だけでしょうか。

それにしても
「願われている」「想われている」「一点の疑いもなく信じられている」というのも、大きな力なんですね。
阿弥陀さまがこんなにも大きな力で私に向かっていてくださったとは。
信じる心も持ち合わせていない私の為でした。

なんまんだぶつ


*Comment

NoTitle 

いろんな考え方があるんですね。
私はエホバの証人の人が来たときは「家は仏教徒ですので結構です。」と、はっきりお断りしてます。
自分がとどろき頒布やチラシ配りなどをしていた時、「最高の善だ」という思いもさることながら、「この教えを素晴らしいと思い、喜んでくれる人を見つけたい。」との思いもあり、訪問したとき、話してくれた人や受け取ってくれた人は、聞きたい気持ちのある人だと判断して続けて案内していました。
何度も笑顔で受け取ってくれる人は当然、教を受け入れてくれていると思うからです。
でも実際は、感じはいいのに、2年かけて案内を続けても結局講座には全く来られないとか、購読をすすめると購読する気はないとかいう方がありました。
そういう経験から、本当は聞く気がないならば、はっきり断ってもらったほうが、その分他の人に当たれるので、ありがたいと思っていました。
ただで渡すものにも実際はお金がかかっているので・・。
勝手なコメントですみません。当時のことを少し思い出しました。


  • posted by mary 
  • URL 
  • 2011.05/11 19:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

コメントありがとうございます。

>「この教えを素晴らしいと思い、喜んでくれる人を見つけたい。」
>本当は聞く気がないならば、はっきり断ってもらったほうが、その分他の人に当たれるので、ありがたいと思っていました。 ただで渡すものにも実際はお金がかかっているので・・。

もちろん、そのようなお考えの方があることも知っています。
しかし私は冊子を配布するときにも、そのような気持ちではしていませんでした。今でもそうですが、縁だと思っています。

ですから、もしその方から、「他に何か聞いている話があるのですか?」とか、「今度集会に来ませんか?」等と聞かれたら、ありのままにお話しして、それでもう来られなくなったらそれでいいと思っています。
実際、前に来られていたエホバの方は、それで来られなくなりましたので。聞かれたことには、正直にお話ししていますよ。お互いになごやかにお話しができて縁が続いたらいいなと思っています。

言うまでもなくmaryさんはこれまでどおり、はっきりお断りされたらいいと思います。私も読まないなら受け取らないです。できないことは、断るのが礼儀ですよねi-228
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2011.05/11 19:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

会話を繰り返して徐々に仲良くなって、向こうからもう一歩入り込んで新たな働きかけがあったときに、仏教を出すという方が、縁ができている分、仏教の話ができる可能性は高いのかな、と感じました。
今まで、はっきり「仏教です。」ということで、相手が仏教に関心を持ってくれればいいと思ってきました。(どの人も先祖はだいたい仏教ですから。)
また、結果を出さないといけないという思いが強かったから、あせっていたと思います。
(いや・・せっかちな性分はもともとかも・・)
お金も時間も半端無くつぎ込んでいましたし。
今思い出しても苦しくなります。
  • posted by mary 
  • URL 
  • 2011.05/12 19:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

そうですよね…私も、maryさんと方向は少し違いますけど苦しかったです。私の場合は真面目さや一途さや人を信じる心とか、利用されたかなとも思います。でもそれは自分のいいところでもあるのだから、全部は否定しないで、これからは物事のいろんな見方も大切にしようかなと。今でも忘れられないし、忘れることはできないと思いますが、時々吐き出しながら何とか頑張ってます。
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2011.05/13 12:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。