真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対の“救い“と「にらみっこの安心」

絶対の幸福ではなくて、絶対の救い。
少し前に、私の相対の望みならば絶対ではないということを書きましたが、加茂和上の本にわかりやすく書かれてありました。私が絶対的なものになるのではなく、お救い、法が絶対なのですね。

 四 
 よく聞かしてもろうて、助かろうとするのは、向う側に救いをみているのです。救いを向うに置いているかぎりは、どうしょうもありません。 
 法話を聞いて、今日のご法話は有難かったと申します。これも向うにみているのです。法とこの私とは関係のないことであります。

 しっかり聞かせてもらうのに、どうして、お助けがしっくり頂けないのであろうか。どうして如来にお遭いできないのであろうかと思いますが、この私に、聞けば法が頂ける値打ちがあるのでしょうか。思いあがりにも程があったのです。なぜかといえば法は絶対の法であります。それを相対の私が頂こうとするのは、相対的の心で、絶対のものに手を出しているのですから、無理なことであります。助かろうとして聞くので聞く姿があるのですが、それがまた法をさまたげているのです。そういうジレンマにおかれている私です。

 自分で反省してみて、罪深い私であり、この罪深い、あさましい私を如来さまが助けて下さるのであると喜んではみましても、その場かぎりで、時間が過ぎれば、何ともありません。これの繰り返しをやっている有様であります。

 そこでこれではならないと思い、徹底的に罪悪観をふかめて、ぎりぎりのところにおちこんだときに、お助けの声が聞こえるのであると聞かされて、それもやってみたが、やはり同じことであります。

 これではならぬと思い、今度はお念仏を称えつづけ、法を念じてみたが、これもまたどうしようもないことであります。書物をあれこれとあさって読んでみても、結局分からないことになり、とにかくまかせればよいと思い、まかせた気持になってはみたものの、しばらくの間のことに終ってしまいます。一体どうすれば助かるのでしょうか。どうすればよいのか。五里霧中とはこのことであります。(加茂仰順著『西の里親』百華苑)



三 絶対の救い

 真宗で救われるということはどういうことかといえば、現実について申せば、往生一定の身となりしこと、究竟して申せば往生成仏せしめられることです。これをさらに内面的にいえば、破闇満願、つまり疑いの闇が破られて往生の志願が満足させられることです。それでいまこうした意義をくだいて述べてみることにします。

 まず「救われる」ということについて私の罪が許されるということではないことをハッキリいたすべきです。すなわち阿弥陀如来はいっさいの悪人を無作に救い給うのですが、悪そのものを許して下さるのではありません。

 大経の大十八願文に唯除五逆とありますのをうかがいましても、悪を許し給うことではないことが示されてあります。また観経に五逆十悪を犯した者も十念の称名によって八十億劫の生死の悪を除き、浄土に往生せしめると説かれてありますのは悪を救い給うことをあらわされたのです。もしも悪そのものを無用意に許す如来であればそれは悪魔です。しかしそれかといって、悪を救わないような如来であれば、つめたい律法の審判者にすぎません。

 許すことの世界は倫理の範囲であり、救いの世界は仏法です。如来のきらい給うのは悪です。しかもこの私は「自我」という極悪のすがたなしには生きられれない人間であるということを見抜き給うた時、涙をもってこれを救わねばおかないとなされるところに、諸仏を超えた弥陀の大悲があったのです。

 これが真宗の本願他力のいわれです。ところがややもすると、私はそれを聞き損じて相対他力にしていることがあります。それというのも金銭のことで困っているところへ他から貸してもらったときや、海にはまっているところを引きあげてもらうというような世間の救いと同じように真宗の救いを聞いておれば間違いです。これでは大十八願の思召ではありません。つまり助かりたいの腹一ぱいのところへ、お助けを聞くのですから、ありがたいの思いの出るのは当然です。だからこうしたところからすれば、聞いてさようさようとうなずくのを押えて「助けたたまえ」の思いだとしたり、凡夫の上から出たものを「信」とするようなあやまりをいたすことになってゆくわけです。いわば買手と売手が一致して手が打てたのですから、ここではこれを「にらみっこの安心」と申しておきます。

 「無有出縁」と読み破られたこの私という屍にはさようと手を打つ力はないはずです。屍の思い心を信じゃとか「たすけたまえ」の思いであるなどとしてはとてもだめなことです。私の思いが役に立つくらいなら、「無有出縁」と見抜かれたはずはありません。ともかくも如来の願力が無有出縁のこの私におはたらきになるまま、私はいま助けられるのです。如来に喚ばれるまんま、そのおよび声に救われるのです。如来の救いのはたらきにうちはからわれるのです。(加茂仰順著『親鸞の世界──信の領解──』永田文昌堂)



「自分で反省してみてもその場かぎり…徹底的に罪悪観をふかめて、ぎりぎりのところにおちこんだときに、お助けの声が聞こえるのではないか…あれこれと読みあさってみてもわからない…まかせた気分になってみても…」
五里霧中とはほんとうにそのことでした。

「ともかくも如来の願力が無有出縁のこの私におはたらきになるまま、私はいま助けられるのです。如来に喚ばれるまんま、そのおよび声に救われるのです。如来の救いのはたらきにうちはからわれるのです。」
なんまんだぶつ・・

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。