真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘をつく事もしながら生きている私ですが、悪を造らなければ生きていけない私ですが、「嘘をついてまで、悪い事をしてまで〇〇をしなかったら救われない」というものが、真実の救いであるはずがないです。

〇〇でなければならない、〇〇にならなければ救われないと思い込むから、その為には何が何でも、こうしたらなれると言われることの為には何をしても「善い」ということになってしまいます。条件つけまくりの結果です。

いつもこれだけやったのだからと自己満足していたいのが私で、これだけやったというある程度の後救いがあるに違いないと思うのは、自分のやったことを手柄にしたい心だったのです。その信罪福心があるからこそ生きていけるとも言えますが、その離れがたい私の心を利用されて、どうせ何をしても悪なのだから、どうせ世間のこと何をしても虚仮だから、どうせ他に真実はないのだからとあきらめのような心境にさせて、何をしてもその教団(人)の言われるままにすることが善になって救いに近づくのだから(駄目でもともと…)というような心理状態にあるように、かつての教団の人や似たいくつもの教団を考えるにつけ思います。

「諦め切れんと諦めて…」なんて言っていましたが、今思うと、諦めている人ばかりじゃないのかと思います。
本当の意味で、諦めないで聞いて欲しいですね。でも、“他には全く、絶対ない”と嘘を吹き込まれて信じているから難しいのです。嘘というのは、恐ろしいことです。なんまんだぶつ・・

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。