真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お聴聞②「浄土」

浄土…迷い苦しみのない世界。
ただし、「私たちの欲望の延長上にあるものではない」

正定聚…信心が得られたと同時
    帰る家があるから安心できるように、
    「生きている時に、還る処がある、浄土があると確かめられる」

・深諦院慧雲(じんたいいんえうん)和上の話
 お酒の大好きなおじいさんが、お浄土でも好きな酒が飲めるのだろうかと気になってきた。今度和上に聞いてみようと、常例法座を楽しみに待っていた。

 和上が「お浄土とあるから、あびるだけ飲めるのかも知れんけれども…」とおっしゃったので、おじいさんが安心して帰ろうとすると、和上は「本来の浄土なら、浄土に生まれたらお酒が飲みたいという気持ちも起こらない。それが本来のお浄土である」と。

~~~~~
本当のお浄土を、私が認識することはできないのでしょう。
それでも、その素晴らしい世界に生まれさせていただけることをこの身に確かなものとして届いてくださるなんまんだぶつです。

*Comment

NoTitle 

執着のない世界。やっぱりお浄土は想像できない世界ですね。

でも阿弥陀様は私の往生をずっと昔から願っていたわけで、そういう意味では、私に対してはしきりに執着してたのですね。ご苦労かけました。

「極楽にさのみ行きたくなけれども 弥陀を助けに行かにゃなるまい」
絶妙なおうたです。。
  • posted by YGM 
  • URL 
  • 2012.06/26 11:02分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

YGMさんありがとうございます

本当にそうですね。。。

「なにをもつてのゆゑに、まさしく如来、菩薩の行を行じたまひしとき、三業の所修、乃至一念一刹那も疑蓋雑はることなきによりてなり。この心はすなはち如来の大悲心なるがゆゑに、かならず報土の正定の因となる。如来、苦悩の群生海を悲憐して、無碍広大の浄信をもつて諸有海に回施したまへり。これを利他真実の信心と名づく。」

の御文を思い出させていただきました。
仏さまの大悲心なのですね、わたしにかかわり果ててくださいました i-241
  • posted by hiromi 
  • URL 
  • 2012.06/28 16:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。