真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

無条件の救い

「努力は報われる」とか「やったらやっただけのことが返ってくる」とか「努力は嘘をつかない」とか。
こういう言葉が私は好きでした。(今も。)
と同時に、それでもこれは“相対の幸福”(敢えて使えば)の世界の話で、どうしてかというと、例えば努力にはこれでよいというきりがないし、続かないことからしても、これでは「宗教的には」、すべての人(=自分)が救われないことも感じていました。

「相対の幸福(=世間ごと)と絶対の幸福は違うのだから」と言いながら、「相対の幸福ですら努力しないと得られないのに、まして絶対の幸福を獲るには並大抵の努力では」と言うのは考えてみればおかしな話です。
努力した人は救われるという条件付きの救いでは、私は救われようがなかったのです。

お救いの世界と私の知る世界の同じところと違うところをよく聞かせていただきたいと思います。
なむあみだぶ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード