真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

認められなくても

人の根源的な欲求の中に、承認欲求というものがあります。

私が思うに、一つは、認められてこそ自分の存在意義、つまりは生き甲斐やアイデンティティーを確かめられるというもの、単純に言えば、褒められたリ、ありがとうと言われると嬉しいというような気持ちです。

もう一つは、他人から認められてこそ安心できるというような気持ちです。
自分だけでは確信が持てないから、他人から認められて、それも大勢であればあるほど、安心できるというものです。
いわゆる、社会的証明、というものでしょう。

いずれも、自分の中の、不安の裏返しなのですね。

人生は、こういう不安との闘いなのだと思います。

その中に合って、人から認められなくても安心できる、人から認められる必要もない、安心、そんなものがあるんでしょうか。
あったんですね。

こんな世界が本当に。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード