真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験にすがりたい私

「真剣に聞かねばなりません」
心がけとしては尊いことでその通りです。こちらの「心がけとしては」、当然のことと言えるでしょう。

この道を通った人なら、多少なりとも自分なりに、聞かずにはいられない真剣な心になったことがあるものですから、「真剣に聞かねば助からん」「真剣になればこそ」と思わず言いたくなる気持ちもわかるのです。
でもそれは、どれだけ真剣だったかと言っても、「自分なりの」真剣さ。どこまでも相対的なものです。

ひょいと「あの時あんなに真剣になったんだもの(だから助かった)」という心が出そうになるのですが、それもやっぱり、捨てものです。
あの時ああなったらから、という自分の過去の体験をたのみにしているからです。

「自分が」どうだった、ああなったから、今こうだから・・・こちら側の間に合わない体験をたのむ心は全部捨てて、向こう側からの、なもあみだぶつ、ひとつです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。