真の知識にあうことは

真の知識にあうことは かたきがなかになおかたし 流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき 親鸞聖人

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の心

いつも、心が大事です、と教えていただくのですが、それは何も、法に向かってのことだけではないと私は思うのです。

人から人へ、法は伝えられていきます。私の中にも、阿弥陀仏から起こされるそういう心があって、足りない智慧才覚や環境ということもありますが、ささやかながらご縁があれば、御同行として励ましあったり喜びあったりさせていただいています。

そんな中ではなおさらのこと、社会の中で一人の人間として生きていく上でも、「人の心」、一人の人間としての尊厳を認め合う、人が人として尊重しあう、人の心を思いやる、それは当たり前のことだけれど、なくてはならないことだと思うのです。

思うに私が、探していくらかの人との出会いはあった中で、この人だと決めたのは、私の心を分かってくれたと思ったからです。人間不信の極みの中で、人の心を忘れないでいてくれたその存在は、閉じかけていた私の心を再び開いて、切れかけていた希望の糸をつなぎとめてくれました。

人それぞれ、そんな心と心の出会いと結びつきがあるのでしょうね。

心から心へ、伝えられるものだから、人の心、大切にしたいと思います。

*Comment

 

煩悩具足の人間だから、欲や怒り、愚痴の心しかないなかでも、hiromiさんが書かれている「人の心」、一人の人間としての尊厳を認め合う、人が人として尊重しあう、人の心を思いやるということは、信後の方は、より持っていていただきたいものです。

信前の私も、心がけていきたいと思います。
人の痛みの分かる心の大きな人間になりたいものです。
私は、苦しんでいる人、悲しんでいる人の話こそ、身を乗り出して、うんうんそれでと聞いてあげたいと思っています。
それぐらい心の大きなでっかい人間でありたいのです。
すべての人に対して、自分の親子兄弟だという気持ちで接したいのです。

私は、人を嫌うことはできるだけしない気概を持っていたいと思います。
人が自分を嫌い離れていくことはあっても、自分から離れることはないようにしたいと思っています。
もちろん、ビジネスにおける利害という点ではやむをえない場合がありますが、一人の人として向き合う場合、慈悲の心を持ち合わせていたいと思っています。
  • posted by みかみ 
  • URL 
  • 2009.11/15 15:44分 
  • [Edit]

 

素晴らしいですね…いやあ、何か心が洗われたといますか、嬉しいです。もちろん、本性は煩悩具足罪悪深重ですが、だからこそそんな私であるから、有り難いと喜べばこそ、努力していかないといけないと思うのですよね。努力と言ってもたいそうなことではなくて、心ですよね。心が行動に現れると思うのです。

>一人の人として向き合う場合、慈悲の心を持ち合わせていたい

私の言いたいことも、書いてくださったこれに集約されていると思います。ありがとうございます。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
hiromiです。

日々の喜びの中で
感じたことを綴っていきます。

メールは上の「Menu_s」からフォームを開いてください。

CalendArchive

最新記事

Link

*~*~*~*~*~*~*~*~*
当ウェブページはリンクフリーです。 リンクしてくださりありがとうございます。

全記事表示リンク

メールフォーム

メールはこちらからでもどうぞ ご感想、ご質問、雑談等、お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。